• 投稿日2021.05.31

家庭用蓄電池とは何か?メリット・デメリットについてわかりやすく解説!

近年、災害時の非常用電源として蓄電池は注目を集めています。

太陽光発電とも非常に相性がよく、今やエネルギーの新常識ともいわれています。

今回は家庭用蓄電池について解説をしていきますので、ご興味のある方はぜひ参考にしてください。

蓄電池とは

ここでは蓄電池についての基礎的な内容を簡単に紹介していきます。

充電して何回も使用できる電池

蓄電池とは、充電すれば何回も利用できる電池のことです。

一般的な単三電池などは一次電池と呼ばれており、放電を終えたら1回限りで使えなくなります。

一方、蓄電池は二次電池と呼ばれ何度も利用できるため、環境への負担が小さいといえます。

蓄電池は身近なところでも様々な製品で使われており、スマートフォンのバッテリーや電気自動車などの電力として利用されています。

蓄電池の寿命

蓄電池の寿命は一般的に約10年とされており、基本的に充放電回数の上限を超えたときが交換の目安となるでしょう。

充放電サイクル回数の限度は製品により違いが見られ、設置場所の温湿度など環境によって耐用年数が変わってきます。

温度差に敏感な製品のため、寒冷地や塩害がある地域には不向きな製品もあります。居住している地域に合った製品を選ぶようにしてください。

蓄電池の充電方法

家庭用蓄電池の充電方法には2通りあります。

  1. 電力会社からの電気で充電する方法
  2. 太陽光発電の電気で充電する方法

1つ目の電力会社の電気で充電する方法のメリットは、電気代の安い深夜の時間帯のプランに加入して利用すれば電気代がそれほどかからないこと。一方、デメリットは停電時には充電ができなくなることです。

2つ目の太陽光発電の電気で充電する方法のメリットは、電気代がかからないことと停電時でも充電ができること。デメリットは天候によって充電に大きな影響があることです。

蓄電池のメリット・デメリット

ここでは蓄電池を使用する際のメリット・デメリットについて解説をしていきます。

メリット

蓄電池を使用する際の主なメリットは以下の通りです。

  • エネルギーを効率よく使える
  • 停電時にも利用できる
  • パワコンを交換すると経済効果がアップ

太陽光発電と蓄電池の組み合わせは非常に相性が良く、ご家庭の生活様式に合わせて太陽光の売電量を増やしたり、太陽光発電でまかないきれない時間帯の電気を補充したりすることが可能です。

深夜の安い時間帯に電力を充電しておくと昼間の使用電力をまかなえるため、太陽光発電で発電した電気をたくさん売電できるようになります。

また近年、日本では地震や台風による自然災害も少なくありません。そのため防災の一環として蓄電池に電気を蓄えておくと、万が一の場合でも電気が使えるので安心です。

電気は必要不可欠な重要ライフライン。蓄電池があればいざというときにも困りません。

停電時に使いたい家電製品をあらかじめ設定しておくことができる蓄電池や、12~24時間連続で使用できる製品もあります。

デメリット

蓄電池を使用する際の主なデメリットは以下の通りです。

  • 容量により使用できる電気量に違いがある
  • 経年により電池ユニットが劣化してしまう
  • 設置する場所が必要

蓄電池はコンパクトな製品の場合、蓄電容量が少ないなど製品によって電気を蓄えられる量には違いがあります。

蓄電池に蓄えられた電気を使う際には、常に「使える量」をチェックしながら電気を使わなければなりません。

またサイクル回数には限りがあり、充放電の回数が目安を超えてしまうと蓄電容量はだんだん減少していくため最終的には交換しなければなりません。

蓄電池を選ぶ際のポイント

ここでは、蓄電池を選ぶ際に注意したいポイントについて詳しく解説をしていきます。

蓄電容量

使用可能な電力量や時間は、蓄電池の容量によってさまざまです。

また停電時に蓄電池に蓄えられた電気を使う際には、事前に指定した特定エリアの電気を使用する「特定負荷タイプ」と、家中の電気をまかなえる「全負荷タイプ」の2種類があります。

容量が大きい蓄電池は長時間電気を使用できますが、蓄電池本体の価格が高めになるので予算や生活様式に合わせて製品を選ぶ方がよいでしょう。

蓄電池の寿命

蓄電池の寿命は充放電の回数を表す「サイクル数」が目安のひとつとされており、保証されている回数を超えると蓄電容量はだんだんと減っていきます。

メーカーや製品によりサイクル数には違いがあるので、きちんと確認しておきましょう。

メーカー保証

平均的な家庭用蓄電池の保証期間は10年程度が多いですが、メーカーによって保証内容には違いがあります。

蓄電池の価格は高価であり一度購入すると長く使用するものなので、保証内容はきちんと確認することが必要です。

サイズ

購入する前に住宅の設置場所に置ける大きさなのかを、しっかり測ってもらうようにしましょう。

大型のものは屋外にしか設置できない場合が多いですが、小型の製品なら屋内でも設置が可能です。

太陽光発電との併用有無

蓄電池と太陽光発電の組み合わせは相性が抜群です。

悪天候で発電量がゼロの日でも前日に蓄電しておいた電気が利用できるため、災害時には非常用電源として活用できます。

また、蓄電池に蓄えた電気を夜間に使用すると電気代が節約できるのがメリットです。

ぜひ、太陽光発電との併用ができるのかも確認しておくようにしてください。

停電時にどれだけ使えるか

災害はいつ起きるか予測できないものなので、停電時に使える電気があることで大きな安心感を得られます。

ただ、蓄電池しか設置していない場合は停電時には電力を蓄えられません。そうなると使えなくなってしまいますが、太陽光発電があれば解消されます。

昼間は太陽光で発電し蓄電池にも電気を蓄えられるので、停電時でも長時間にわたって電気を使えるのがメリットです。

電気が使えないということは日常生活に大きく支障をきたすため、ぜひ備えておくことをおすすめします。

家庭用蓄電池を長く使う方法

家庭用の蓄電池は使い方によっては長持ちする場合があります。

ここでは少しでも長く使用するためのポイントを解説します。

蓄電池のサイクル寿命を把握しておく

電池の寿命は過剰な放電や経年劣化などさまざまな要因が挙げられますが、蓄電池のスペックを表す指標としてはサイクル回数が挙げられます。サイクル回数は寿命の目安であるため、それをもとにして大体の寿命期間を把握しておくとよいでしょう。

長持ちさせる充電方法

蓄電池をできるだけ長持ちさせたい場合は、充電方法に注意することが重要です。

なるべく過剰な充電や放電をしない方が長持ちしますので、できるだけ充電をマメにしておくようにしましょう。

日頃の使い方によって蓄電池の寿命は大きく左右されるということを心得ておいてください。

大容量の方が長く使用できる可能性がある

蓄電池をできるだけ長い期間にわたって使用したい場合には、大容量の蓄電池を選ぶとよいでしょう。

1日に10kWhの電力を消費する場合、蓄電容量が5kWhの蓄電池では1日に2サイクル必要ですが10kWhのものなら1サイクルで済みます。したがって、大容量の蓄電池の方が長い間使用できるということになるのです。

蓄電池の導入を考える場合は家庭での消費電力を計算して、それに見合った蓄電容量の製品を選択するのをおすすめします。

設置場所に気をつける

一般的な家庭用蓄電池の設置環境は、直射日光に当たらない場所が適切とされています。

その理由は、蓄電池を設置している場所の温度が高温になると機器の寿命がどんどん短くなってしまうからです。

したがって、蓄電池を設置する場所は直射日光が当たらない日陰になるような涼しい場所がベストになります。

まとめ

蓄電池はいざというときの非常電源にもなり、防災対策の一環として有効な製品です。

日常的には家庭の電気代を節約する効果が期待できます。

これから蓄電池の購入にご興味がある方はぜひ、ズバット エネルギー比較で一括見積もり比較をされてはいかがでしょうか。

蓄電池 お見積もりはこちら

太陽光 お見積もりはこちら

お困りの際はお気軽にご相談ください

0120-829-473
年中無休 10:00~18:00(年末年始・特定日を除く)