累計利用者数1700万人以上

住宅ローン返済中でもマンション売却は可能!一括返済の方法

公開日:
住宅ローン返済中でもマンション売却は可能!一括返済の方法

住宅ローンの残債がある場合でもマンションの売却は可能です。また、マンションを売却してもローンの残債が残ってしまう場合に取る手続きも存在します。

この記事では、住宅ローンが残っている状態で売却する方法を始め、マンション売却時のローンを一括返済する方法などを詳しく解説します。これからマンション売却を考えていて、ローン残債が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

住宅ローンの残債がある場合でもマンションの売却は可能

住宅ローンの残債がある場合、返済中であってもマンション売却はできます。しかしほとんどの場合、売却時にローンを完済して、抵当権を抹消することが条件となります。

住宅ローンでマンションを購入した場合、抵当権が登記により設定されており、その設定を外すためには抵当権抹消登記の手続きが必要です。抵当権とは一体どういうものなのか、詳しく見ていきましょう。

住宅ローンは抵当権抹消のため完済が条件

抵当権とは、住宅ローンを借りる際、債務者が返済できない場合に土地・建物を担保とする権利のことです。購入者がローン返済に滞ってしまった場合に備えて、金融機関が抵当権を設定します。

抵当権の設定登記は金銭消費貸借契約締結日に行われ、ローンが完済するまで抵当権抹消の手続きができません。

抵当権がついたままでも不動産を売却することは可能ですが、他人の抵当権がついている不動産は競売にかけられてしまうリスクがあるため、購入したいと考える人は少ないのが現状です。つまり、マンションの売却は抵当権を抹消することを前提として進めていくことになります。

また、住宅ローンの残債がある人でも、売却時に得た売上でローンを完済できる場合は、売却と同時に手続きをすれば抵当権の抹消が可能です。

マンションの売却代金で住宅ローンを一括返済できない場合

マンション売却時に、ローン残債を上回る金額で売却ができれば、ローンは一括返済(完済)できるため問題ありません。

これを「アンダーローン」と呼びますが、一方で、マンションの売却金額ではローンが一括返済できない場合を「オーバーローン」と呼びます。

オーバーローンになりそうな場合は、不足分を自己資金で補ったり、住み替えローンを利用したりすることで、住宅ローンを一括完済できないか検討してみましょう。それぞれの方法について詳しく解説していきます。

自己資金で補う

売却代金で返済できなかった部分を、預貯金や両親などから援助してもらったお金で補う方法です。新たに金融機関から借入する必要がないので、利息分の出資を抑えられるメリットがあります。

売却代金が振り込まれたら、予め準備しておいた貯金や自己資金と合わせてローンを一括返済(完済)します。

マンションの売却を検討しはじめたら、マンションの売却金額がいくらくらいになるのか、売却金額が残債額を下回った場合でもどのくらいの金額であれば自己資金で補えるのかを予め確認しておくようにしましょう。

マンションのおおよその売却金額は、不動産会社へ査定の依頼をしたり、不動産サイトなどで最近成約された類似物件を見たりして相場を把握しておくのがおすすめです。

住み替えローンを利用する

マンション売却後、新しい家を購入する場合は「住み替えローン」を利用するのもひとつの手段です。住み替えローンとは、次に購入する家のローンに、返済しきれなかった前の家のローン残債を上乗せして借りることができるローンです。

では、住み替えローンのメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリット

デメリット

  • ・自己資金を使わず家を買い替えられる
  • ・オーバーローンでも住み替え可能
  • ・住宅ローン審査が厳しい
  • ・売買時のスケジュールがタイトになる

自己資金を使わず家を買い替えられ、自分の貯金を減らすことなく新居を購入できる点が、住み替えローンの大きなメリットです。

しかし、住み替えローンは新居と残債分を含めた金額で借入れをするので、残債額が多いほど借入額が大きくなり金融機関の審査も厳しくなります。住み替えローンを組む場合には、返済計画をしっかりと立てたうえで利用するようにしましょう。

また、売買の決済を同じ日程にする必要があるため、スケジュールをしっかりと把握しておくことが大切です。

任意売却する

任意売却であれば、マンションの売上金額からローンの完済を見込めず、抵当権抹消が難しい場合でも、金融機関の同意を得た上で家を売却することが可能です。

ただし、任意売却では住宅ローンの一括返済をしなくてもいいだけで、住宅ローンの残債は分割で支払い続ける必要があります。

任意売却後は、これまで支払ってきたローンの返済額よりも減額した返済計画を立てることがほとんどですが、それでも新居の家賃等の費用とは別に毎月返済していく必要があるので、家計を圧迫する可能性が高いと言えるでしょう。

また、住宅ローンの残債は新しい債務として扱われ、ローンの残債は信用情報に記載されます。そのため残債が多いほど新規のローンは組めないケースがほとんどです。

任意売却は安易に利用せず、ほかに方法がないときのみに検討することをおすすめします。

住宅ローンを一括返済できるか確認する方法

簡易的ですがマンションの相場額-売却時にかかる諸費用-住宅ローン残債=0以上になれば住宅ローンを一括返済できる可能性が高いと言えます。

例えばローンの残高が2,000万円、マンションの相場額が2,500万円、売却時にかかる諸費用が100万円と仮定してみます。
※消費税は考慮せずに算出

2,500円-100万円-2,000万円=400万円

つまり、この場合は住宅ローンの一括返済が可能な上、約400万円が手元に入ることになります。

住宅ローンを一括返済できるかどうかを確認する方法は次の通りです。

1. 住宅ローンの残債額を調べる
2. マンションの相場価格を調べる
3. マンション売却にかかる諸費用を計算する

1. 住宅ローンの残債額を調べる

まずは、自宅の住宅ローンがどれくらい残っているのかを調べます。

住宅ローンの残債は、金融機関から送付される返済予定表や確定申告用に郵送される残高証明書などの書類、ウェブサイト、借入れた金融窓口から調べられます。

返済予定表にはローン返済をどのタイミングでどれくらい返済するのかが記されており、現時点での返済残高もいっしょに確認可能です。

また、住宅ローン控除に必要な残高証明書にもローン残高が記載されており、控除を受けられる期間中、送付されてきます。

2. マンションの相場価格を調べる

次はマンションの相場価格を調べます。マンションの相場価格を調べることで、住宅ローン完済の目安がわかります。

マンションの相場価格を調べるにはおもに次の3つの方法があります。

1. レインズマーケットインフォメーション
2. 土地総合情報システム
3. 不動産会社の物件サイト

「レインズマーケットインフォメーション」は、マンション・戸建ての取引価格を検索できるシステムで、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営・管理しています。

また、国土交通省が提供する「土地総合情報システム」は、家やマンションなどの取引価格に加えて、土地や農地などの取引価格も調べることも可能です。

レインズマーケットインフォメーションに比べるとデータ量は少なく、更新率も劣るので、レインズを利用後に土地や農地などレインズにはない情報を収集する際に利用するのがおすすめです。

不動産会社の物件サイトでも気軽に調べることができますが、記載されているのは希望の売出し価格で、成約価格(実際の売却額)ではありません。そのため、相場かどうかの判断が難しいこともあります。

3. マンション売却にかかる諸費用を計算する

最後はマンション売却にかかる諸費用の計算です。マンション売却時には諸費用が発生しますが、これを資金計画(住宅ローン返済計画)に入れていないと、計算がずれてしまうこともあります。

具体的な諸費用と費用相場は次の通りです。

諸費用名 相場費用額
仲介手数料 取引額が200万円以下:取引額の5%+消費税
取引額が200万円超400万円以下:取引額4%+2万円+消費税
取引額が400万円超:取引額の3%+6万円+消費税
印紙税 500万円超1000万円以下の場合:5,000円
1000万円超5000万円以下の場合:10,000円
5000万円超1億円以下の場合:30,000円
登記費用 抵当権抹消登記の登録免許税:不動産1つにつき1,000円
司法書士手数料(報酬):約20,000円~30,000円

仲介手数料は法律で上限が決められているため、不動産会社は表に記した額以上を請求できません。また、仲介手数料には消費税が発生します。

マンション売却後、売却代金で住宅ローンを完済する場合は引き渡しと同時に抵当権の抹消を行う必要があります。これは司法書士が法務局で行うもので、抵当権抹消時に発生するのが登録免許税です。

抵当権抹消の登録免許税は不動産ひとつにつき1,000円なので、土地と建物がある場合は2,000円になります。

このようにマンションを売却する際には、取引額に応じた費用や税金が発生するので、きちんと確認して目処を立てておくことが大切です。

マンション売却時に住宅ローンを一括返済するためのポイント

マンション売却時に住宅ローンを一括返済するためには、資金計画を立てて希望の売却価格を明確にすること、信頼できる不動産会社を見つけて仲介を依頼することがポイント。

特にマンションの売却では、きちんとローン完済までをサポートしてくれる信頼できる不動産会社を見つけることが重要です。

資金計画を立て希望売却価格を明確にする

マンションを売却する際は、不動産会社に任せきりにするのではなく、自身で情報を仕入れ計画を立てることが大切です。住宅ローンの残債を一括返済できるか、売却時の諸費用、自己資金などを合計し、いくらくらいで売れるのが理想的なのかを明確にした上で、資金計画を立てましょう。

また、売り出してすぐに買い手が見つかるとは限りません。すでにマンションから引っ越している場合は、売れるまで住宅ローンの返済や管理費等の費用が毎月かかってくることも念頭に入れておきましょう。

信頼できる不動産会社に仲介を依頼する

マンション売却には、信頼できる不動産会社へ仲介依頼することが大きなポイントとなります。

信頼できる不動産業者とは、売却力が高いだけでなく、担当者がわかりやすく説明してくれたり、きちんと話を聞いてくれたりする不動産会社のことです。

不動産会社は複数を比較して選ぶことが大切

信頼できる不動産会社を見つけるためには、複数の会社に査定を依頼して選ぶようにしましょう。複数社に査定を依頼する際は、一括査定サイトの利用が便利でおすすめです。

不動産会社の比較ポイントは、査定額の高さだけではなく、査定額の根拠や売却プランも確認しましょう。そして、各社の査定を比較した中から、訪問査定を2~3社に依頼します。そこで担当者の対応や営業計画などをチェックし、信頼できるかどうかを見極めが大切です。

訪問査定時にはどんなに良い条件を出されてもその場では即決せずに、必ず訪問査定を依頼した不動産会社すべてを比較するようにしましょう。

住宅ローン返済中のマンション売却は資金計画が大切

住宅ローンの残債がある状態のマンションを売却する際には、マンションの売上代金でローンを一括返済(完済)できるのか、できない場合はどのようにして一括返済をするのか資金計画が重要になります。

そのためまずは自分のマンションがオーバーローンになるのかアンダーローンになるのか、自分で事前にマンションの査定をして相場を知ったり、売却時にかかる諸費用などの調査をしたりしておきましょう。

また売却活動を円滑に進め、スムーズにローンが一括返済できるよう進めてくれる不動産会社を見つけることも売却成功の鍵です。

このような不動産会社を探すときは、査定額やサービスを比較するために1社だけではなく、複数の会社に査定を依頼しましょう。一括査定を利用することで手間がかからず、複数の不動産会社に査定の依頼ができるのでおすすめです。

58秒で入力完了売りたい物件を無料査定!
都道府県 市区町村を選択
物件種別を選択

人気記事ランキング

  1. 不動産売却における必要書類 ~入手先と必要なタイミングを解説~
    不動産売却における必要書類 ~入手先と必要なタイミングを解説~

    不動産売却時にはさまざまな書類が必要です。各タイミングで必要な書類が違うため、どこでどのような書類が必要なのか把握しておくと安心です。この記事では、不動産の売却に必要な書類を、不動産会社への査定依頼から売買契約、売却後の確定申告までを流れに沿って解説していきます。また、遺産を相続した場合や複数人で遺産分割する場合についてもあわせてご紹介します。

  2. 不動産売却にはどのような税金がかかる?申告方法や節税対策を解説
    不動産売却にはどのような税金がかかる?申告方法や節税対策を解説

    不動産を売却した際には、売却して利益を得た場合に課せられる譲渡所得税をはじめ、さまざまな税金を納める必要があります。税金の計算は自分でも算出できるため、だいたいの金額を事前に把握することが可能です。そこでこの記事では、初めて不動産売却をする人に向けて、不動産売却時に課される税金の詳細と、譲渡所得税の計算方法、税金の申告方法などについて詳しく解説します。また、控除や特例を利用した税金対策についても説明しています。

  3. 住宅ローン返済中でもマンション売却は可能!一括返済の方法
    住宅ローン返済中でもマンション売却は可能!一括返済の方法

    住宅ローンの残債がある場合でもマンションの売却は可能です。また、マンションを売却してもローンの残債が残ってしまう場合に取る手続きも存在します。この記事では、住宅ローンが残っている状態で売却する方法を始め、マンション売却時のローンを一括返済する方法などを詳しく解説します。これからマンション売却を考えていて、ローン残債が気になっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

  4. 仲介手数料の値引きはできる?切り出し方のコツやタイミングも紹介!
    仲介手数料の値引きはできる?切り出し方のコツやタイミングも紹介!

    結論から言うと、仲介手数料の値引きは可能です。しかし、通常の商品代金を値引きしてもらう場合とは異なり、仲介手数料の値引きにはデメリットや注意点も存在します。この記事では、仲介手数料の値引き交渉のコツやタイミング、注意点などを解説しています。不動産の売却を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

  5. 抵当権抹消に必要な書類とは?入手方法や紛失時の対応も解説
    抵当権抹消に必要な書類とは?入手方法や紛失時の対応も解説

    家やマンションなどを購入する際は、購入資金を金融機関などから借り入れて住宅ローンを組むことが一般的です。このとき、購入した家やマンションなどを担保に不動産が設定する登記のことを「抵当権」と呼びます。抵当権が設定された家やマンションは、通常、抵当権を外してから売却することになるため抵当権を抹消する手続きが発生します。抵当権の抹消には、さまざまな手続きや書類が必要です。この記事では、抵当権抹消の必要書類や手続きの方法などを詳しく説明します。住宅ローンが残っている家やマンションの売却を予定している方は、予め抵当権抹消について把握しておくと安心です。

あなたにピッタリの不動産会社を探そう!

物件住所を選んで査定依頼する

都道府県 市区町村を選択
物件種別を選択

郵便番号から査定依頼する

物件種別を選択