KTCおおぞら高等学院(旧:KTC中央高等学院)先生紹介インタビュー小嶋 陽先生東京キャンパス/キャンパス長

生徒が「なりたい大人」になるために。夢を叶えられる環境を提供したい

「生徒たちは知っている職業の中からしか職業を選択できない」と語るのは、KTCおおぞら高等学院の小嶋先生。同校では生徒の職業観を広げるために、キャリア教育プログラムにも力を入れている。小嶋先生が、いま、生徒に伝えたい思いに迫る。

1日のタイムスケジュール

11:00
授業(ドリームクラフト™)

キャリア教育プログラム「ドリームクラフト™」の授業を覗くと、自由に発言する生徒が目立ちます。正解・不正解よりも、自由な発想や生徒一人ひとりの個性を大切にしています。

14:30
個別クラスでの指導

休み時間や放課後に、生徒の質問に答えるのも小嶋先生の大切な仕事。授業内容に関する質問だけでなく、大学進学や職業選択の相談についても、熱心にアドバイスを行います。

KTCおおぞら高等学院の特徴

KTCおおぞら高等学院の特徴

夢を阻害する要因を排除し、夢の実現を支援する存在であること

KTCおおぞら高等学院ではキャリア教育プログラム「ドリームクラフト™」を通して、なりたい大人を見つけ、やりたいことや好きなことに近づくための職業観を広げる支援を行っています。生徒たちは知っている職業の中からしか職業を選択していません。

しかし、これから職業や働き方は劇的に変わっていきます。将来、希望する職種自体がなくなっている可能性もあります。そのような時代に対応できるように、「好きなことを仕事にしている大人」や「新しい職業を作ってがんばっている大人」に授業をしていただき、生徒との接点を作っています。「学校に行けない」「朝起きられない」「人と話せない」といった夢を阻害する要因を排除した上で、夢の実現を支援する。それが、私たちが最も大切にしていることです。

KTCおおぞら高等学院の先生になって、やりがいを感じる点

生徒にとって有益なことなら何でも挑戦できる

当初は、仕事を選ぶ上で通信制高校へのこだわりはありませんでした。ただ、県立高校の寮監と体育の非常勤講師をしていたときと比べると、教育者としての意識は強くなりました。全日制高校と大きく異なるのは、生徒に有益なことであれば、企画次第で何でも挑戦できるということです。

例えば、授業の形も一斉授業からアクティブラーニングを取り入れた双方向の授業に変革し、キャリア教育や体験型の特別授業を行うことも可能です。話すことが苦手だった生徒が少しずつ話せるようになり、楽しんでいる様子を見ると言葉では表現できない喜びがあります。生徒の成長が日々実感できることが、私たちのやりがいにつながっています。

印象に残っている生徒や出来事

自信を失っていた生徒が、自信を持って卒業していったこと

全日制高校に通っていながら、劇団四季に入るために四国から単身で上京してきた生徒が学院祭や卒業式で披露した歌声。3年間の引きこもり生活を経て、難関大学に入るために一生懸命勉強した生徒が卒業式で読んだ式辞…。思い出したらきりがないほど、数多くの生徒との思い出があります。共通して言えるのは、はじめはみんな夢を持ちながらも、どこか自信を失っている生徒ばかりでした。自信を持てないのは環境のせい。その環境を作っているのは大人です。生徒たちの短所よりも長所に目を向け、生徒自身が楽しいと思える環境を作ることで、自信につなげることが大切だと考えています。

こんな生徒に入学してほしい

こんな生徒に入学してほしい

勉強ができることよりも、「やりたいこと」「好きなこと」を大切にしてほしい

通信制高校というと、不登校の生徒や勉強が苦手な生徒、問題を抱えている生徒が通う高校というイメージを持っている方も多いと思います。確かに、そういった生徒がいないわけではありません。ただ、近年は高卒資格を取得するためだけではなく、「なりたい大人」になるための選択肢のひとつとして、通信制高校に入学してくる生徒も増えています。美容師になりたい、保育士になりたい、起業したい…。夢はなんでもいい。勉強ができる、できないも関係ありません。ここでは、本人がやりたいこと、好きなことを仕事にできるように、高校卒業のためのサポートと、活躍の場を提供しています。ぜひやりたいことを持って入学してほしいと思います。

入学を考えている皆さんへ

これからの社会を生き抜く生徒たちのために

全日制高校、定時制高校、通信制高校。数多くの進路がある中で、どの進路に進んでも「選んだ進路が正しかった」と思えるように生きていくことが何より大事なことです。これまでの通信制高校は、どちらかというと、全日制高校に通えない生徒のためのセーフティネットという存在だったかもしれませんが、今は「全日制高校よりも通信制高校のほうがいい」という生徒もたくさんいます。通信制高校にしかできないさまざまな教育で、これからの社会を生き抜くために必要なたくましさと、自信を育てていきたいです。