代々木アニメーション学院 高等部先輩紹介インタビュー長田 浩孝さんイラスト科/2016年入学

本当にやりたいことを仕事に。夢へのスタートダッシュを切る場所

中高一貫校に通っていた長田くん。中学校卒業後はそのまま高校に進学しようかと考えていましたが、当時熱中していた「イラスト」の勉強もできて、高校卒業資格を取得できる代々木アニメーション学院 高等部を見つけ、入学を決意。

ターニングポイント

中学生の頃 ターニングポイント:入学 現在:高校3年生
中学生の頃

イラストに興味を持ったきっかけは、ノートに描いていたアニメイラストの落書き。はじめは暇つぶしのつもりで描き始めましたが、描いているうちに、自分のスキルアップが目に見えてわかるイラストの世界にどんどん熱中。仕事をするなら「興味のあることや好きなことを仕事にしたい」と考えていた長田くんにとって、イラストレーターはまさに天職。中学校3年生の頃には、アニメやゲームのイラストレーターとして活動したいという気持ちが強くなりました。

ターニングポイント:入学

「イラストの勉強をしながら、高校卒業資格を取得できる場所で学びたい」。長田くんが選んだのは代々木アニメーション学院 高等部。入学後は、現役のイラストレーター講師から「構図学」や「人体描画」などを学び、プロのイラストレーターに必要なテクニックを修得。コミックマーケットでの同人誌販売、学院祭でのカードゲーム製作など、実践的な活動にも参加しイラスト中心の学校生活に変わりました。特にコミックマーケットでは、お客様に作品を買ってもらうという経験を通じて、イラストレーターとしてのプロ意識が生まれたそうです。

現在:高校3年生

入学して3年目の現在は、デビューサポートコースに在籍。たくさんのイラストレーターの方と知り合う中で、卒業後の進路として選んだのは、ゲーム会社に所属するイラストレーター。初めての就職活動で不安もありますが、講師から面接指導、履歴書やポートフォリオ(個人の作品集)の作成指導を受けながら、就職活動に励んでいます。

この学校を選んだ理由

この学校を選んだ理由

同年代のライバルたちよりも早くスタートダッシュを切るために

通信制高校を選んだのは、時間を有効活用したいという思いがあったからです。当時は中高一貫校に通っており、生徒のほとんどはそのまま高校に進学します。はじめは高校進学も検討しましたが、授業の時間などを考えると絵に費やせる時間は多くて3時間ほど。もともと、仕事をするなら好きなことを仕事にしたいと考えており、専門的な絵の勉強もできると同時に高校卒業資格も取れる代々木アニメーション学院 高等部は、僕が求める進路として最適でした。

ここでは、1日の半分は絵を描くことに費やすことができるのです。プロのイラストレーターを目指す上で、この差は大きいと思いました。同年代の同じ夢を抱いているライバルたちよりも、スタートダッシュを成功させるために、代々木アニメーション学院 高等部に入学しました。

この学校の楽しいところ・大変なところ

この学校の楽しいところ・大変なところ

コミックマーケットに参加し自分の作品を販売。通信制高校だからこそ味わえる経験がある

入学後はコミックマーケットにも参加し、同人誌の作成にも取り組みました。このイベントに参加することで、自分の作品を多くの人に知ってもらうことができ、イラストレーターとしての知名度アップにつなげることもできます。たくさんの人に同人誌を販売するという意気込みで参加しましたが、現実は甘くありませんでした。当時の作品を見てみると、完成度も低く当然の結果だと思います。だからこそ、初めて作品が売れたときは本当に感動したことを覚えています。

それ以来、お客様からお金をいただく以上は、より満足してもらえる作品を作らなければいけないと考えるようになり、よりイラストの勉強に集中するようになりました。イラストの世界は華やかなことばかりではなく、想像以上に大変なことも多い仕事ですが、ファンの方から声をかけていただくことも多く、やりがいのある仕事だと実感しています。

1日のスケジュール

「通信制高校は、全日制高校と比べて自分のために使える時間が多い」と語る長田くん。3年生の現在は、専科(※)でイラストの勉強をしたり、就職活動のためのポートフォリオ作成に励んだり。同人活動を通じて知り合ったイラストレーターの方と、食事をしながら情報交換をすることもあるようです。 ※専科…イラストやアニメ、声優など各専門分野の授業のこと。

0時
6時
18時
12時
  • 就寝
  • 朝食・準備
  • 自宅学習
  • ランチ
  • 自主勉強
  • 夕食
  • 自由時間

スクールライフ

後輩たちにメッセージ

努力は必ず成果につながる。好きなことに集中して取り組める通信制高校

通信制高校の魅力は、全日制高校では得られないような経験ができ、何よりも好きなことに時間をかけられることだと思います。僕自身ずっと順調だったわけではありません。入学当初は、自分の作品をSNSに投稿しても反応がなかったり、自分よりも上手なイラストレーターの方の作品を見たりして自信を失い、途中で諦めそうになったことも一度や二度ではありません。それでも、絵を描き続けてこられたのは、絵に費やした時間は必ず成果として返ってくるからです。なぜうまくいかないのか、なぜ失敗したのかを自分なりに考え、次はこうしてみようと解決策を考えると結果が付いてきました。

若いうちに努力したこと、時間をかけて取り組んだことは、必ず将来につながります。皆さんも通信制高校で、好きなことに集中して取り組める学校生活を送ってほしいと思います。

みんなの学校選び&学校生活体験談

通信制高校やサポート校に進んだ先輩たちや、そのご両親・先生方から体験談をお寄せいただきました。通信制高校を選んだきっかけ、実際の学校生活の様子などが本音で語られているだけでなく、これから学校を選ぶ皆さんへの熱心なアドバイスも満載です。