いじめで傷つき、笑うことすらできなかった息子が通信制高校への転入で笑顔に…今では大学進学を目指してがんばっています

2019年8月7日投稿
この体験談のポイント

いじめで心が傷つき学校に通えなくなってしまい、通信制高校への転入を決意。何校か見学し、いちばん暖かく迎え入れてくれた学校に入学しました。今では週5日登校できるようになり、スポーツや行事を楽しめるまでに。表情も穏やかになってきました。さらに将来のことも考える余裕が出てきて、大学進学を目指してがんばっています。

いじめ 人間関係 大学進学
KKKさん(保護者)
学校の満足度:44
転入学
17歳/男性
  • 【入学年月】2018年11月
  • 【登校日数】週5日通学
  • 【コース】 大学進学、スポーツ
  • 【学費(年間)】 100万円

通信制高校・サポート校に入学したきっかけ

いじめで傷つき、笑えなくなってしまった息子を暖かく迎えてくれたから。

いじめで心が壊れてしまい、転入しました。他の通信高校も話を聞きに行きましたが、いちばん暖かく迎えてくれました。笑うこともできなかった息子に対し、ゆっくり話を聞いてくれ、夫と息子と私全員一致でKTCにしました。午後からの体験授業も色々な体験ができて良いと思います。

入学前後でこんな変化が!

いじめで傷ついて心療内科に通うほどですが、表情が穏やかに、笑えるようになりました!

いじめで心が壊れて心療内科に通っています。引きつって笑えなかった息子がだんだんと顔も穏やかになり、笑えるようになりました。カウンセリングの先生からも、「転入して本当に良かったですね!」と言われたほどです。何も考えられなかったのが、将来のことも考えられるようになり、今は大学進学を目指しています。

学校選びで重視したこと

全日制と同じように週5日通えるコースを選びました。

できるだけ全日制の高校と変わらない生活を送らせたかったので、週5日のコースにしました。学費は高いですが、午後からの体験授業で1〜3年生交えてスポーツしたり、いろいろと催しを企画してくれるのでそこも魅力的だと思います。

これから通信制高校やサポート校に進む人へのアドバイス

勉強できる環境は確実に整っています。大学進学で推薦も狙えます。

やはりまだ通信制高校への偏見はあります。しかし、進学を考えているのならオススメですよ!成績が取りやすいからです。県のトップ高校の評定も、通信制高校の評定も同じ数字で扱われます。もちろん一般では厳しい大学もありますが、そこまで上を目指さなければ推薦は有利ではないかと思います。就職は厳しいかもしれませんが。

季節ごとの講習(有料ですが)も学校でやってもらえますし、漢字検定も先生が勧めてくれたり、勉強しようと思えばできます。ぜひ説明会に行ってほしいです。通信制でもいろいろな特徴があるので、自分に合った所を選んでほしいです。

同じような境遇の保護者の方へ

世間体や見栄などのために、子供から目を逸らさないで!親が気づいたときにはかなり深刻な事態になっています。

正直、通信制高校への転入は世間体が悪いとか、学歴に傷が付くとか言う人もいます。しかし、本人が苦しんでいるのにただ見栄のためだけに全日制に行かせるのは子供が壊れてしまいます。私も「もっと早く転入させていれば、あそこまで心に傷を付けなくて済んだのでは?」と後悔しています。

なかなか子供は自分が辛いということを話してくれません。おかしいな?と思った時はかなり深刻な状態だと思います。鬱や拒食症になってしまった子もいます。世間体や見栄などのために、子供から目を逸らさないで欲しいです。子供が話をしてくれた10倍は辛い思いをしていると思いました。お金もかかりますが、子供のことを一番に考えてあげてほしいです。

  • 通信制高校・サポート校への進学を決めたきっかけ

    人間関係(友達)
  • 進学した学校を選んだ決め手

    校風、先生の雰囲気
  • 学校を決めるときに参考にした情報源

    学校のWebサイト、学校の説明会・見学会

体験談の内容について
掲載されている体験談は、通信制高校・サポート校に入学した方およびその関係者の個人的な記憶、経験に基づくものであり、内容の真偽、正確性、有用性を保証するものではございません。