KTCおおぞら高等学院(旧:KTC中央高等学院)先輩紹介インタビュー武田 優里さんスタンダード学科 ツーデイコース/2016年入学

やりたいことはいくつあってもいい。自分なりの進路を見つけるための通信制高校

中学校卒業後、ずっとやりたかった演劇活動に集中するために、通信制高校サポート校のKTCおおぞら高等学院に新入学。現在は学校に通いながら、舞台に出演するために俳優養成所で稽古を行う充実した毎日を過ごす。

ターニングポイント

中学3年生の頃 ターニングポイント:みらいの架け橋レッスン™ 現在:高校3年生
中学3年生の頃

小さい頃から楽器が好きで、進学した公立中学校では吹奏楽部に入部した武田さん。コンクールに出場するほどの強豪校で、勉強が手につかないほど忙しい毎日だったそう。「卒業後は、部活動と勉強の繰り返しの学校生活は送りたくない」「好きなこと、やりたいことをやりたい」と考えるように。同級生の影響で小学生の頃に抱いた「役者になる夢」を思い出し、中学校卒業後は全日制の高校ではなく、通信制高校に入学して演劇活動を行うことを決意。

ターニングポイント:みらいの架け橋レッスン™

「やりたいことはやったほうがいい」という両親のアドバイスを得て、武田さんが選んだのはKTCおおぞら高等学院。入学の決め手になったのは、KTCのオリジナル授業「みらいの架け橋レッスン™」。やりたかった演劇のレッスンだけでなく、ネイルや美容、ボイスパフォーマンスなどいろいろなことにチャレンジできるラインアップに興味がわきました。その後、中学3年次からKTCのプレスクールに参加し、新入生として入学。自分と異なる興味・関心を持った友達から刺激を受けるなど、全日制高校では経験できない出会いがありました。

現在:高校3年生

在学中にカナダ留学、フィリピン留学を経て、現在はレストランでのアルバイト、俳優養成所での稽古、通信制高校での勉強といろいろなことに挑戦している武田さん。海外で生活したい、英語を話せるようになりたい、調理師・ネイリスト・美容師・役者と、やりたいこと、なりたい職業はたくさんありますが、通信制高校に通っている今だからこそ、やりたいことをとことんやって、進路を決めたいと考えています。

この学校を選んだ理由

この学校を選んだ理由

勉強や部活よりも大切にしたい「やりたいこと」に打ち込むために

子供のころから周囲の影響を受けやすく、テレビドラマに登場する弁護士や動物トレーナーに憧れて「私もこの仕事に就きたい!」と思うような性格でした。ただ、中学生のときは部活動で忙しく、やりたいことができない自分にもどかしさを感じていました。

「やりたいことは若いうちにやったほうがいい」。両親のアドバイスもあり、卒業後はずっとやりたかった演劇の道に進もうと決めましたが、まったくの未経験で芸能系の高校に進学する勇気はありませんでした。そんなときに見つけたのが通信制高校という進路です。KTCおおぞら高等学院には「みらいの架け橋レッスン™」という体験授業があり、高校に通いながら演劇を学ぶことができます。また、ネイルや美容、ボイスパフォーマンスなどの授業もあるため、やりたいことがたくさんある私にはぴったりの環境でした。

この学校の楽しいところ・大変なところ

この学校の楽しいところ・大変なところ

やりたかった演劇をとことんやれる環境。一方で、通信制高校の魅力を周囲に理解してもらうのが難しい一面も。

KTCおおぞら高等学院での学校生活で印象に残っているのは、クラスメイトと一緒に舞台を作り上げたことです。自分たちで台本を書いたり、衣装を作ったり、音響の演出を行ったり、何ヵ月も稽古を行ったり。やり直しのきかない一発勝負であるため、想像以上に緊張もしましたが、先輩後輩関係なく、全員が一丸となってお客様の前でパフォーマンスしたことに大きな達成感を味わうことができました。

演劇を仕事や進路にすることは簡単ではありません。私自身、なかなか一歩を踏み出すことができませんでしたが、KTCで舞台を作り上げたことが自信につながり、現在は俳優養成所に所属し、舞台に立てるまでになりました。アルバイト先などで「通信制高校」や「サポート校」について理解してもらう難しさはありますが、通信制高校でやりたいことをやる楽しさのほうが優っています。

1日のスケジュール

週2日はアルバイトをしながら通信制高校に通学し、週3日は俳優養成所で稽古を行うという忙しい毎日を送る武田さん。自由な時間はほとんどありませんが、時間のあるときは友達とカラオケに行ったり、休みの日には別のキャンパスに通う友達と一緒にテーマパークに行くなど、スクールライフを楽しんでいます。

0時
6時
18時
12時
  • 就寝
  • 朝食・準備
  • アルバイト
  • 授業
  • 自由時間
  • 夕食

スクールライフ

後輩たちにメッセージ

やりたいことに挑戦できる、やりたいことが見つかる通信制高校

在学中は、演劇活動だけでなく、カナダ、フィリピンへの海外留学も経験しました。海外で生活したことで、日本とは違う文化を学んだり、いろんな価値観を持つ人々と知り合ったりすることができ、ゆくゆくは海外で生活したいという気持ちが強くなりました。また、看護師や美容師、ネイリストを目指すクラスメイトもいて、これまで以上に見たことのないものを見たい、知らなかったことを知りたいという好奇心が自分の心に芽生えてきたことも大きな発見でした。

ネイリストになりたい、美容師になりたい、役者になりたい…。やりたいことや、なりたい職業が多く、進路を決められないという人も多いと思いますが、いろいろなことに挑戦し、いろいろな気づきをもらえるのが通信制高校の魅力。やりたいことをとことんやって、自分なりの進路を見つけてほしいと思います。

みんなの学校選び&学校生活体験談

通信制高校やサポート校に進んだ先輩たちや、そのご両親・先生方から体験談をお寄せいただきました。通信制高校を選んだきっかけ、実際の学校生活の様子などが本音で語られているだけでなく、これから学校を選ぶ皆さんへの熱心なアドバイスも満載です。