多様な選択肢の中から選び抜いた学校。自発的に通えるようになり、生活リズムも整ってきました

2019年8月8日投稿
今は通えて安心している母さん(保護者)
学校の満足度:55
新入学
16歳/男性
未来高等学校 国立学習センター
  • 【入学年月】2019年4月
  • 【登校日数】週1~4日通学
  • 【コース】 基礎学習
  • 【学費(年間)】 50万円

通信制高校・サポート校に入学したきっかけ

中学時代に同級生と喧嘩になり、その同級生や先生の対応にも不信感を持ち、集団行動が苦手になり、不登校になりました。友人が遊びに来てくれたり、校長先生や他の先生のアプローチがあり、何回か学校に行くことができましたが、定期的な通学は難しく、進学を考えることもできない状態でした。

そんな時、他の先生よりサポート校の話を聞きました。学業が遅れていて、1人で行う通信教育には不安があり選択肢になかったのですが、本人の希望に合わせて通学日数も決められて、サポートを受けながら学べる部分に惹かれ、サポート校への進学を決めました。

入学前後でこんな変化が!

入る前は、自分から学校に行く支度をする事がなかったのに、今は言われる前から支度をし、まだ週2回ですが通えるようになったことが一番大きな変化です。

また、学校があるので、夜型生活が直りつつあります。もともと、不登校中でも、友人が遊びに来てくれたり、親とは出掛けられていたので、自室に籠りきりではありませんでしたが、時折見せていたイライラもなくなったように感じます。

学校選びで重視したこと

何件か資料請求をして、学校の雰囲気、部活や課外活動の内容、登校日数、通学までの手段(自転車を希望していたので)を確認した後に、条件の合う4校の見学、学校説明会に行きました。学校では、親はその後の進路に繋がる部分が気になり、詳しく見ていましたが、本人は雰囲気を特に気にしていました。

これから通信制高校やサポート校に進む人へのアドバイス

一括の資料請求は、便利でした。パンフレットを見て、さまざまな情報を入手したほうが良いと思います。私たちはその中から、何校か選び、実際に見学に行きました。雰囲気や、生徒に向けて行っている工夫、先生の挨拶等見て、今の高校を選ぶことができました。自分の肌で感じることが大切だと思いました。

同じような境遇の保護者の方へ

自分の時代の学校イメージとは違い、今は多数の選択肢があることに驚きましたが、学校は変わっています。進学なんて考えられなかった状況から、知ることで選択肢が増え、考えることができます。本人が何が苦手で辛いのか、そこを受け入れて選ぶこともできます。道は一つではないと実感できました。

  • 通信制高校・サポート校への進学を決めたきっかけ

    自由度が高いところ、集団生活が苦手、人間関係(先生)
  • 進学した学校を選んだ決め手

    先生の雰囲気、登校(スクーリング)日数
  • 学校を決めるときに参考にした情報源

    学校の説明会・見学会、一括資料請求サイト

体験談の内容について
掲載されている体験談は、通信制高校・サポート校に入学した方およびその関係者の個人的な記憶、経験に基づくものであり、内容の真偽、正確性、有用性を保証するものではございません。