累計利用者数1700万人以上

不動産一括査定サイトとは?メリット・デメリットから利用方法を解説

公開日:
不動産一括査定サイトとは?メリット・デメリットから利用方法を解説

家やマンション、土地などの不動産を売却しようと考えた際に、まずその不動産がいくらぐらいで売却できるかを知っておく必要があります。売却可能な価格を調べるには不動産会社に査定をしてもらうことが一般的ですが、査定を依頼する方法はいくつかあります。

そのひとつとして挙げられるのが、インターネット上で査定を依頼する不動産の一括査定サイトですが、一括査定サイトと一口に言っても多数のサイトがあります。また、それぞれのサイトの特徴や得手、不得手が異なります。

そこで、この記事では不動産一括査定サイトはどのような仕組みになっているのか、メリットがあるのか、利用する際には何に気を付ければよいのかなどについて、詳しく解説します。不動産一括査定サイトの利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

一括査定サイトを利用するメリット

予め一括査定サイト利用のメリットを知っておくことで、実際の利用において、そのメリットを最大限に生かすことができます。

不動産一括査定利用のメリットをひとつずつ詳しく見ていきましょう。

不動産の情報だけで査定を依頼できる

不動産一括査定サイトのメリットとしてまず挙げられるのが、情報を送るだけでおおよその査定額を出してもらえる点です。

不動産の査定方法には、大きく分けて「机上査定(簡易査定)」と「訪問査定(実査定)」の2種類があります。

机上査定とは、査定してもらいたい物件の情報(築年数、面積、立地など)だけで査定額を算出するという方法です。

訪問査定とは、実際に査定する物件を査定担当者が訪問し、詳しくチェックした上で査定額を出します。最初から訪問査定をする場合もありますが、一般的には机上査定をしたあとで、訪問査定を依頼する流れです。

不動産一括査定サイトで行うのは、情報だけで査定額を出してもらう机上査定がほとんどです。査定担当者の訪問対応やスケジュール調整の必要がなく、情報を送るだけで査定額を知ることができます。

売却を急いでいる場合やすぐに詳しい査定を知りたい場合は、不動産一括査定サイトでも訪問査定を依頼することが可能です。必要に応じて使い分けるようにしましょう。

複数の不動産会社に無料で査定依頼できる

次に挙げられる不動産一括査定サイトのメリットは、複数の不動産会社に査定を依頼できる点です。

売却したい物件の机上査定だけを依頼する場合でも、複数の不動産会社に頼むとなるとそれぞれの会社に物件の情報を送る必要があります。同じ情報を送るとはいえ、何社にも依頼するとなれば結構な手間です。

しかし、不動産一括査定サイトを利用すれば、一度情報を入力して送信するだけで、複数の不動産会社に一気に査定依頼ができます。

また、一般的に不動産会社への査定依頼は無料ですが、不動産一括査定サイトを利用した場合でも、同様に無料で査定してもらうことが可能です。

不動産会社を比較して選べる

最後にあげる不動産一括査定サイトのメリットは、複数の不動産会社に出してもらった査定を比較した上で選ぶことができる点です。

家やマンションなどを売却する場合は、売却を依頼する不動産会社選びがとても重要になります。そのため、最初から一社に絞ってしまうのではなく、複数の不動産会社を比較して選ぶことが大切です。

不動産一括査定サイトでは、売却したい物件の情報が同時に複数の不動産会社に送られ、それぞれの不動産会社が査定額を算出して返信してくれます。返信された査定結果を比べることで、その中から売却したい物件に適した不動産会社を選んで訪問査定を依頼することができます。

また、不動産一括査定サイトは悪徳な不動産会社を排除するために、サイトに掲載する不動産会社を厳しい条件で選定しています。そのため、数多くある不動産会社から自分で選ぶよりも、安心して選ぶことができる点もメリットです。

一括査定サイトを利用するデメリット

家やマンションなどの査定を依頼する際に、不動産一括査定サイトの利用はたいへん便利ですが、メリットだけではなくデメリットもあります。

どのようなデメリットがあるかを把握しておけば、利用後のギャップに悩まされたり対応に困ったりすることを減らせるはずです。

不動産一括査定サイトのデメリットをひとつずつ詳しく見ていきましょう。

不動産会社からの連絡が集中する可能性がある

不動産一括査定サイトのデメリットとしてまず挙げられるのが、物件の情報を送った不動産会社からの電話やメールなどによる連絡(返信)が集中する可能性がある点です。

なぜなら、不動産一括査定サイトを通して売却したい物件の情報が複数の不動産会社に送られると、送られた不動産会社は顧客獲得のために営業活動に乗り出すからです。

もちろん査定結果も届きますが、「ぜひ当社で売却してほしい」といった旨や「詳しい査定を出すために訪問査定をさせてほしい」といった旨の連絡が複数社から同時に届くことになります。

不動産の査定は一括で依頼できますが、その後は自分で1社ずつ対応する必要がある不動産一括査定サイトがほとんどです。訪問査定を断る会社には、回りくどい言い方をせずにきっぱりと「他社と契約することにした」という事実を伝えましょう。

断った後に何度も電話やメールが届く場合は、宅地建物取引業法(宅建法)で禁止されている「しつこい勧誘営業」に値すると見なされます。何度も連絡が来る不動産会社に対しては、宅建法に抵触している旨を伝えるといいでしょう。また「一括査定会社に報告する」という旨を伝えるのも効果的です。

提携していない不動産会社には依頼できない

不動産一括査定サイトのもうひとつのデメリットは、その一括査定サイトに登録していない不動産会社には、査定を依頼できないという点です。

不動産一括査定サイトで査定を依頼する際に入力した情報は、その一括査定サイトに登録(提携)している不動産会社にしか送られません。よって、提携していない不動産会社に、不動産一括査定サイトを通して査定を依頼することはできない仕組みになっているのです。

そのため、もし予め査定を依頼したい不動産会社があるならば、その不動産会社が不動産一括査定サイトと提携していなければ、直接査定を依頼する必要があります。

また一括査定に依頼する前に、売却を検討している不動産が、一括査定サイトと提携している不動産会社にマッチしているかどうか確認するとよいでしょう。

不動産一括査定サイトを選ぶポイント

いざ、不動産一括査定サイトを利用しようと考えても、多種多様な一括査定サイトがあるため、どれを選べばよいのかわからなくて困っている人も多いことでしょう。

そこで、ここでは不動産一括査定サイトを選ぶポイントを詳しく説明します。一括査定サイト選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産査定の対象エリアを確認

不動産一括査定サイトを選ぶときは、売りたい物件を査定してもらえる対象エリアを確認するようにしましょう。

不動産一括査定サイトでは、掲載されている不動産会社にのみ査定依頼が可能なため、売りたい物件が所在するエリアで営業している不動産会社が登録していないと、査定を依頼できません。

全国対応を謳っている不動産一括査定サイトであっても、特定の場所だと対応できない場合もあります。売却したい不動産があるエリアに対応している一括査定サイトかどうかを予め確認するようにしましょう。

売却したい物件が対象エリアに当てはまっていなくても、近くの地域にある不動産会社に査定を依頼することができる場合もあります。査定を依頼する不動産会社は、できるだけ査定対象物件の近くにあるところを選ぶことがおすすめです。

対応しているエリアと同様に、田畑や山林などの特殊な不動産の査定に対応していない不動産一括査定サイトもあるため、売却したい物件に適したサイトを選ぶようにしましょう。

提携している不動産会社数を確認

提携している不動産会社の数も、不動産一括査定サイトを選ぶ際の基準になります。一般的には、提携している不動産会社数が多いほど、希望しているような不動産会社に出会える可能性が高くなると言えるでしょう。

ただし、不動産会社によっては売却する物件の得手、不得手があります。また、地域によっては大手よりも地域密着型の中小規模の不動産会社のほうが、売却力が高い場合もあるでしょう。

市街地にある家やマンションなどの売却であれば、選べる不動産会社数の数が多ければ多いほど相性のよい不動産会社が見つかる確率が高くなると考えられますが、地方の物件や特殊な物件だと必ずしもそうとは限りません。

提携している不動産会社数の多さと併せて、売却したい不動産の種類や場所に適した不動産会社が提携しているかどうかを調べるようにしましょう。

同時に査定依頼できる数を確認

不動産一括査定サイトから同時に査定を依頼できる不動産会社の数も、一括査定サイトを選ぶ基準のひとつです。

不動産一括査定サイトでは、一度の情報入力で複数の不動産会社に査定を依頼できますが、その上限数がサイトによって異なります。上限数が多ければ多いほど良質なサイトであるとは限りませんが、やはり多いほうが一度にいくつもの不動産会社に査定を依頼できるので便利です。

ただし、一度に依頼できる数が多くなるほど、その後の対応もたいへんになります。一般的な不動産一括査定サイトの依頼可能会社数は、平均で6社程度なので、この数を基準にするとよいでしょう。

個人情報の取扱い

不動産一括査定サイトでは、家やマンションなど不動産の査定を依頼するために、さまざまな個人情報を提供する必要があります。そのため、個人情報の取り扱いについても確認しておくことが大切です。

通常、査定を依頼するために提供した情報は、それ以外の目的で使われることはありません。しかし、中には査定を依頼する先の不動産会社以外にも、第三者である不動産一括査定サイトとの提供会社や関連機構に情報を提供する可能性がある旨を掲載しているところもあります。

そのような不動産一括査定サイトを避けるためにも、情報を入力する前には個人情報保護方針やプライバシーポリシー利用情報の第三者提供・利用目的を確認するようにしましょう。

実際にサイトを利用した人の口コミを確認する

実際に、不動産一括査定サイトを利用した人の口コミや評判なども、一括査定サイトを選ぶ際に役立ちます。

SNSや個人のブログ、口コミサイトなどを使って、利用しやすかったかどうか、信頼できる不動産会社に出会うことができたか、サービスや対応はどうだったかなどを確認するとよいでしょう。

ただし、口コミや書き込みの中には不動産一括査定サイトや不動産会社の「サクラ」が紛れている可能性もあります。あまりにも都合が良すぎたり不自然だったりする情報には注意しましょう。

不動産一括査定サイトを利用する流れ

ここで、実際に不動産一括査定サイトを利用する流れについて説明します。サイトによって若干異なる場合もありますが、おおまかな流れは次の通りです。

1. 不動産情報を入力
2. 連絡先を入力
3. 査定を依頼する不動産会社を選ぶ
4. 不動産会社から査定結果が届く

1. 不動産情報を入力

家やマンションなどの査定してもらいたい物件の情報を入力します。入力した情報が間違っていると、正しい査定を出してもらうことができないので注意しましょう。

入力する内容は、住所(所在地)、土地の面積、建物の面積(床面積)、築年数、間取りなどです。家やマンションの場合、特に築年数が査定に大きな影響を与えるため、間違えないように入力します。

査定してもらいたい物件の登記簿謄本(全部事項証明書)を確認しながら入力すると確実なので、手元にあれば準備しましょう。物件情報を確認するだけなので古いものでも問題ありません。

手元に登記簿謄本(全部事項証明書)がない場合は、訪問査定をしてもらったり売却活動を開始したりする際に必要になるので、法務局の窓口かオンラインで入手しておくことがおすすめです。

2. 連絡先を入力

物件情報を入力したら、連絡先を入力します。この連絡先に査定結果が送られてくることになるので、正しいものを入力しましょう。

査定結果を届けてもらう方法によりますが、住所、名前、連絡できる電話番号、メールアドレスを入力するのが一般的です。査定してもらいたい物件の住所と連絡先の住所が違っていても問題はありません。

3. 査定を依頼する不動産会社を選ぶ

物件と連絡先の情報入力が完了すれば、査定を依頼したい物件情報と合致した不動産会社が表示されるので、その中から査定を依頼したい不動産会社を選びます。

選べる不動産会社の数には上限があるので、その範囲内で選ぶようにしましょう。表示される不動産会社の数が選べる上限数よりも少ない場合もありますが、多数の不動産会社が表示される場合もあります。

査定を依頼する不動産会社を選ぶ際には、大手や会社名が知られている不動産会社だけを選ぶのではなく、さまざまなタイプの不動産会社を選ぶことにより査定の偏りを抑えることができるのでおすすめです。

4. 不動産会社から査定結果が届く

不動産会社に査定依頼を出したら、即日~数日で査定結果が届きます。

査定結果の通知方法を選択していない場合は、電話がかかってくることが多いです。電話での対応が難しい場合は、予めメールでの査定結果通知を希望しておくようにしましょう。

複数の不動産会社が出してくれた査定結果を比較する際には、査定価格の高い・低いだけでなく、査定の根拠の示し方や顧客対応の姿勢などもチェックすることがおすすめです。

また、査定結果が妥当かどうかを判断するために、予め自分でもおおまかな相場価格を調べておくとよいでしょう。

査定結果を出してくれた不動産会社の中から、訪問査定を依頼したり売却を依頼したりする不動産会社を選びます。断りたい場合は、その旨をはっきりと伝えることが大切です。

不動産一括査定サイトを利用する際の注意点

ここで、不動産一括査定サイトを利用する際の注意点についても確認しておきましょう。

一括査定サイトは匿名で利用できない

不動産一括査定サイトは、原則として住所や名前などを出さずに査定を依頼することはできません。また、実際にないような住所や電話番号で依頼をした場合、いたずらと見なされて査定してもらえない可能性が高いでしょう。

不動産一括査定サイトの中には、物件の情報だけで査定をする机上査定やAIを使った査定であれば、依頼者の情報を提供しなくても簡易査定ができるサイトもあります。

どうしても匿名で査定したい場合は利用してみるのもいいですが、あくまで簡易的な査定となるため結果の正確さに欠けます。真剣に売却を検討している人は、実名できちんとした査定を受けるようにしましょう。

大手不動産会社だけで比較しない

不動産一括査定サイトで不動産会社を選ぶ際には、さまざまなタイプの不動産会社に査定を依頼するようにしましょう。

なぜなら、大手不動産会社や名の通った不動産会社だけに依頼すると、査定内容が偏ってしまう恐れがあるからです。また、大手や名の通った不動産会社だから高く売却できるとも限りません。

査定を依頼する際は、大手だけでなく地域密着型のような中小規模の不動産会社にも併せて査定依頼することがおすすめです。

査定額=売却額ではない

複数の不動産会社に査定を依頼した場合、どうしても査定額を高く出してくれた不動産会社を選びがちになります。しかし、ここで注意したい点は、査定額は売却できる額ではないということです。

不動産会社は、周囲の物件の売り出し価格やこれまでの成約価格も踏まえた上で査定額を出します。もし高すぎる査定額が提示され、その額から売り出し価格を決めてしまうと、売り出し価格が高すぎるため購入希望者がなかなか現れないという事態に陥るかもしれません。

そのため、査定額の高さだけで不動産会社を選ばないことが大切です。査定額の根拠をきちんと説明してくれる、細やかな対応をしてくれるといった不動産会社の対応も含めて選ぶようにしましょう。

不動産一括査定サイトに関するQ&A

最後に、不動産一括査定サイトに関する質問に対して、回答をしながら説明していきましょう。

一括査定に必要な書類は?

不動産一括査定サイトを利用して査定を依頼する場合は、物件の情報が正確にわかれば特に必要な書類はありません。築年数や土地や建物の面積を確認する必要があれば、登記簿謄本を準備しておくとよいでしょう。

訪問査定の際には、不動産会社の担当者が正確な査定を出すために、次のような書類が求められる場合があります。

  • 登記簿謄本(全部事項証明書)
  • 公図(土地や戸建ての場合)
  • 土地の測量図や建物の図面
  • 登記済権利証(登記識別情報)

一括査定を依頼した後にキャンセルはできる?

不動産一括査定サイトを通して不動産会社に査定を依頼したあと、キャンセルすることは可能です。

査定を依頼した不動産会社から査定結果が届くまでのあいだなら、不動産一括査定サイトの問い合わせフォームや相談窓口からキャンセル連絡をします。査定結果が届いたあとのキャンセルは、直接不動産会社に連絡を入れましょう。

一括査定サイトはなぜ無料で利用できる?

不動産一括査定サイトは、家やマンションなどを売却したい人をサイトで集客し、売却見込み顧客として登録している不動産会社に紹介するという仕組みです。

そして、提携している不動産会社は、登録費用や顧客の紹介料を不動産一括査定サイトに支払うことで売却見込み顧客を効率よく紹介してもらうことができます。

不動産会社からの登録費用や紹介料を運営費に充てているため、不動産一括査定サイトは無料で利用できるのです。

不動産の査定は一括査定で複数社比較しよう

不動産一括査定サイトは、不動産の売却を検討した際に物件の情報を入力するだけで、複数の不動産会社に査定を依頼できるので便利です。

ただし、物件の所在地によっては対応エリア外の場合もあり、特殊な不動産だと取り扱っている不動産会社を見つけられないこともあります。サイトを選ぶ際には売却したい不動産に合っているかどうかを確認しましょう。

また、不動産一括査定サイトを利用すると、複数の不動産会社の査定を比較できます。売却を依頼する不動産会社を選ぶ際は、複数の不動産会社との比較が大切です。不動産一括査定サイトを上手に利用して、売却を任せられる信頼のおける不動産会社を見つけてください。

58秒で入力完了売りたい物件を無料査定!
都道府県 市区町村を選択
物件種別を選択

人気記事ランキング

  1. マンションにおける減価償却費の計算方法<シミュレーションを基に解説>
    マンションにおける減価償却費の計算方法<シミュレーションを基に解説>

    確定申告を行う際には減価償却費の計算が必要です。不動産で得られた所得には税金が課せられますが、所得から経費を差し引くことができれば課税される額が抑えられるので税金が安くなります。減価償却費は、その経費として計上することが可能です。この記事では減価償却の意味をはじめ、メリットとデメリット、計算方法まで詳しく解説します。

  2. 抵当権抹消に必要な書類とは?入手方法や紛失時の対応も解説
    抵当権抹消に必要な書類とは?入手方法や紛失時の対応も解説

    家やマンションなどを購入する際は、購入資金を金融機関などから借り入れて住宅ローンを組むことが一般的です。このとき、購入した家やマンションなどを担保に不動産が設定する登記のことを「抵当権」と呼びます。抵当権が設定された家やマンションは、通常、抵当権を外してから売却することになるため抵当権を抹消する手続きが発生します。抵当権の抹消には、さまざまな手続きや書類が必要です。この記事では、抵当権抹消の必要書類や手続きの方法などを詳しく説明します。住宅ローンが残っている家やマンションの売却を予定している方は、予め抵当権抹消について把握しておくと安心です。

  3. 【2021年】マンション価格の今後を解説!価格は上がる?下がる?
    【2021年】マンション価格の今後を解説!価格は上がる?下がる?

    マンション価格は今後上がるという意見と下がるという意見の両方があります。どちらも根拠に基づいた意見であり、プロでも予想が難しいとされているため見通しを立てるのは困難かもしれません。しかし、市場全体の傾向を予想するのは難しくても、自分が売買したいマンションの価格は、価格変動の要因を知ることで見極められる可能性があります。この記事では、過去12年のマンション価格の推移と変動した理由をはじめ、マンション市場全体に影響を与える要因、マンションごとの価格を左右する要因まで詳しく解説します。今後マンションの売買を検討している人は参考にしてみましょう。

  4. 仲介手数料の値引きはできる?切り出し方のコツやタイミングも紹介!
    仲介手数料の値引きはできる?切り出し方のコツやタイミングも紹介!

    結論から言うと、仲介手数料の値引きは可能です。しかし、通常の商品代金を値引きしてもらう場合とは異なり、仲介手数料の値引きにはデメリットや注意点も存在します。この記事では、仲介手数料の値引き交渉のコツやタイミング、注意点などを解説しています。不動産の売却を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

  5. 不動産売却の流れ|契約から決済までをわかりやすく解説
    不動産売却の流れ|契約から決済までをわかりやすく解説

    不動産を売却するときは、まず全体の流れを把握して、必要な期間と資金を確保しておくことが大切です。また、スムーズかつ納得できる売却を行うためには事前準備も必要です。この記事では不動産の売却の流れ、各手順の詳細を解説し、契約方法や不動産会社の選び方のポイントを紹介します。

あなたにピッタリの不動産会社を探そう!

物件住所を選んで査定依頼する

都道府県 市区町村を選択
物件種別を選択

郵便番号から査定依頼する

物件種別を選択