不動産売却に強い不動産会社の選び方と見つけ方│売却までの流れや費用も紹介!

公開日:
不動産売却に強い不動産会社の選び方と見つけ方│売却までの流れや費用も紹介!

土地や建物などの不動産の売却を検討している人の中には、仲介を依頼する不動産会社の選び方で悩んでいる人も多いと思います。不動産会社はどこでも良いわけではなく、依頼した不動産会社によっては売却結果に差が生じるため、慎重に不動産会社を選ぶことが大切です。

この記事では、不動産売却に強い不動産会社の選び方、売却までの流れや費用についても紹介します。

【監修】穂坂 潤平 宅地建物取引士。仲介営業13年(宅建は新卒の時に取得)、不動産仲介会社起業3年の経験を経てウェブクルーに入社。趣味は何でも遊びにすること。仕事では「喜ばれる仕事をして、自らも喜ぶこと」をモットーに日々ご提案しております!

不動産会社には得意ジャンルがある

マンションや戸建て住宅といった建物あるいは土地などの不動産を売却したい場合には、とにかく不動産の専門家である不動産会社に相談すればいいと考えている人も多いと思います。

しかし、相談先が不動産会社であれば、どこに相談しても良いというわけでありません。不動産会社の取り扱うジャンルは幅広いため、目的に合う不動産会社に相談することが大切です。

不動産会社の種類、不動産の仲介と買取の違いなどについて詳しく見ていきましょう。

不動産会社の種類

全ての不動産会社が仲介業務を行っているわけではありません。不動産会社には以下のように3つの種類があるため、相談先の不動産会社が仲介業務を行っているか確認した上で、相談することが大切です。

不動産会社の種類
  • 不動産開発:デベロッパーとも呼ばれており、地権者から土地を購入、開発(建築)、販売する
  • 不動産仲介:不動産の所有者である売主や貸主と買主や借主などを結び付ける
  • 不動産管理:建物の資産価値を下げないようにメンテナンスや管理を行う

中古マンションや中古戸建てのような不動産を売る目的の場合は、不動産仲介業者に依頼することになります。広大な土地を持っていて買取を希望する場合には、不動産開発業者に相談してみましょう。

不動産の仲介と買取の違い

不動産を売却する方法は、仲介と買取の2種類です。以下のようにメリット、デメリットが異なるため、両者の違いをよく理解した上で自分に合った方法を選択しましょう。

- 不動産仲介 不動産買取
買い手 個人 不動産会社
メリット
  • 相場に近い価格で売却できる
  • 仲介手数料がかからない
  • 早期に現金化しやすい
  • 瑕疵担保責任が免責
デメリット
  • 成約までに時間がかかりやすい
  • 瑕疵担保責任がある
  • 仲介手数料がかかる
  • 売却価格が低くなる可能性がある
  • 不動産によっては買取対応不可

売却を急いでいる人は買取、少しでも高く売却したい人は仲介といったように、目的に合わせて選び分けましょう。

不動産売却に強い不動産会社の選び方

不動産を売却するにあたって、どの種類の不動産会社に相談すればいいか分かったところで「大手企業に相談しよう」「査定結果の高い不動産会社に依頼しよう」と考えた人もいると思います。

しかし、必ずしも大手企業だから大丈夫、査定額が一番高いところが安心できる不動産会社というわけではありません。不動産売却に強い不動産会社を選ぶには、以下のポイントを押さえておくことが大切です。

不動産売却に強い不動産会社の選び方
  • 査定額の根拠を提示しているか
  • 売却実績を確認する
  • 担当者が信頼できる人物かどうか

それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

査定額の根拠を提示しているか

査定額は高ければ良いというものではありません。なぜその値段なのかという根拠が示されているかどうかを確認することが大切です。

例えば、周辺エリアの相場や立地条件、コンビニやスーパー、学校へのアクセスなどの利便性、築年数や修繕状況などが考慮されていれば査定額の根拠がしっかりしていると言えます。

「査定額が高い=高く売れる」と考えがちですが、「査定額=売却価格」ではありません。査定額が高くても、査定額が相場から乖離している場合は売れ残ってしまい、最終的に値下げの必要が出てきます。

査定を依頼する場合は、複数の業者に依頼して比較することが大切です。

売却実績を確認する

不動産会社の売却実績を確認することで、不動産会社の営業力の高さや得意分野が何なのかが分かります。例えば、設立から日が浅い不動産会社であっても、売却実績が豊富であれば営業力が高く、スムーズな成約が期待できます。

また、不動産種別の売却実績を確認すれば、マンションまたは戸建て住宅などの建物売却、土地売却が得意なのかを見抜けるため、目的に合った不動産会社に依頼しやすくなるでしょう。

販売実績は不動産会社のホームページで確認できます。実績を公開していない不動産会社の場合は、営業担当者に聞いてみましょう。

担当者が信頼できる人物かどうか

不動産売却の結果は、不動産会社の担当者によっても大きく変化します。そのため、担当者が信頼できる人物かどうか確認することも大切です。

例えば、要望をしっかり確認してくれる、親身に話を聞いてくれる担当者の場合には、納得いく売却結果になる可能性が高いです。

また、担当者によっても査定額が違ってくるため、査定額の根拠が明確かどうか、不動産会社だけでなく個々の担当者の売却実績などを確認しておくと、より安心して仲介を任せられるでしょう。

不動産売却に強い不動産会社は一括比較で見つける!

不動産売却を成功させるためには信頼できる不動産会社に仲介を依頼することが大切です。信頼できる不動産会社と出会うには複数の不動産会社をピックアップして比較する必要がありますが、不動産会社を探す、査定を依頼することに手間と時間をかけたくない人も多いと思います。そこでおすすめするのが一括比較です。

一括比較のズバットは、サイトに物件情報を入力すれば、厳選された350社の提携不動産会社の中から対応可能な不動産に自動的に査定が依頼されます。各社からメールや電話で査定結果が届くので、不動産会社を探す、複数社に査定を依頼する手間と時間を省けます。

効率良く不動産を売却したいと考えている人は、一度一括査定のズバットを利用してみてはいかがでしょうか?

最大6社にまとめて査定依頼

査定依頼してみる完全無料

不動産売却の流れ

不動産売却をスムーズに進めるには、不動産売却の流れを事前に把握しておくことも大切です。不動産売却の流れは以下の通りです。

不動産売却までの流れ
  1. 【1.】査定:複数社に査定依頼、売却相場を知る、売却期間や価格の決定
  2. 【2.】媒介契約:不動産会社の決定、契約の種類を決定、契約を締結
  3. 【3.】売却活動:買い手を募集、宣伝活動、価格交渉、条件のすり合わせ
  4. 【4.】売買契約・引き渡し:買い手と契約締結、物件引き渡し、お金を受領、確定申告

各ステップを詳しく見ていきましょう。

査定

不動産会社に査定を依頼すれば、不動産のおおよその価値が分かるため、適正な売出価格を設定しやすくなります。

しかし、不動産会社の査定結果が正確とは限りません。そのため、複数の不動産会社に査定を依頼して、査定結果を比較することが大切です。

また、査定結果はあくまでも参考資料で、必ず売出価格を査定結果に合わせる必要はありません。しかし、売出価格が市場相場と安いと損をする、高いと売れ残ってしまうので注意が必要です。

自分で調べた物件の市場相場と査定結果を踏まえながら適切な売出価格を設定しましょう。

媒介契約

査定結果や担当者の相性などから仲介を依頼する不動産会社を決めた後は、不動産会社と媒介契約を締結します。媒介契約とは、不動産会社に不動産の売却の仲介を依頼する際に締結する契約です。

媒介契約には、専任媒介契約、専属専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。各契約には以下のような違いがあります。

専任媒介契約 専属専任媒介契約 一般媒介契約
複数業者との契約 × ×
指定流通機構への登録 義務 義務 任意
契約有効期間 3ヵ月程度 3ヵ月程度 なし
自分で買い手を発見する必要性 ×

専任媒介契約と専属専任媒介契約は、指定流通機構への登録が義務化されており、一定期間経過後は指定流通機構に登録されることによって広く物件情報が知れ渡ります。そのため、速やかな成約が期待できます。

ただし、専属専任媒介契約は自分で買い手を見つけても直接契約はできず、必ず不動産会社に仲介を依頼しなくてはなりません。

一方で、一般媒介契約は複数の不動産会社と契約できます。仲介手数料を得ることができるのは、契約を成約させた不動産会社だけなので競争による速やかな成約が期待できます。

また、専任媒介契約や専属専任媒介契約のように1社に絞らなくて良いため、初心者におすすめの契約方法と言えるでしょう。

売却活動

媒介契約を締結した後、不動産会社が売却活動を開始します。売却活動では、抱えている顧客に対する物件情報の提供、広告による購入希望者の募集などが行われます。

購入希望者が現れた後は、物件を訪れて確認する内覧、条件のすり合わせ、価格交渉などに移行します。

売却活動は不動産会社に全て任せることも、売主が立ち会うことも可能です。全てを任せたい場合は、価格交渉時に妥協できる金額をあらかじめ伝えておくと、交渉を進めやすいでしょう。

売買契約・引き渡し

売却活動で購入希望者が購入を決めた場合、売買契約を締結します。売買契約では、すり合わせた条件の再確認、重要事項説明などが行われます。売買契約書には引き渡し日が記載されており、その期日を迎えればいよいよ物件の引き渡しです。

売買契約書にリフォーム後の引き渡しといった特記事項がある場合、物件の引き渡しまでに完了させなくてはなりません。トラブルなく引き渡しを迎えるためにも、売買契約書の内容をしっかりと確認しておきましょう。

また、不動産を売却して利益が生じた場合は確定申告が必要です。忘れないように注意しましょう。

不動産売却にかかる費用

不動産を売却する際は、売却代金全てが手元に残るわけではありません。以下のような費用を引いて、残った分だけが手元に残るという点に注意が必要です。

不動産売却にかかる費用 金額の目安
譲渡所得税 譲渡所得=売却価格-(取得費+譲渡費用)
印紙税 1~6万円(売却金額によって異なる)
登録免許税 土地や建物1つにつき1,000円
仲介手数料 売却金額によって異なる

また、不動産を売却するにあたってリフォームを行う、建物を解体して更地にするようなケースでは、売却代金を得る前に支出が生じます。リフォームや解体を想定しているのであれば、早めに資金を用意しておきましょう。

不動産売却に必要な書類

不動産売却を速やかに進めるには、必要な書類を事前に用意しておくことも大切です。不動産を売却する際に必要な書類として以下のようなものが挙げられます。

書類 取得場所
登記済権利証 法務局
身分証明書(運転免許証/マイナンバーカード等) -
実印 -
印鑑証明書 市役所/区役所
収入印紙 法務局/郵便局/コンビニなど

売却するのが建物ではなく土地の場合、他に隣地との境界線が明確に示されていて法務局で発行される測量図などが必要になってきます。

上記以外の書類が必要になることもあるため、不動産会社に事前にどのような書類が必要なのか確認しておきましょう。

まとめ

不動産を売却する際は、不動産会社に相談して売却を進めていくことになります。しかし、不動産会社であればどこでも良いというわけではありません。

不動産会社には種類があり、得意とする分野も異なるため、売却予定の不動産に合った不動産仲介業者を選ぶことが大切です。

また、不動産会社によって査定結果や営業力などが異なります。複数の不動産会社を比較して、信頼できると判断した不動産会社に仲介を依頼しましょう。

この記事についてのおさらい

不動産売却に強い不動産会社を選ぶポイントは?
売却を目的とする場合、不動産会社はどこを選んでも同じですか?
58秒で入力完了売りたい物件を無料査定!
STEP.1
都道府県 市区町村を選択
OK
STEP.2
物件種別を選択
OK

人気記事ランキング

  1. 相続時には不動産の査定が必要!査定方法・分割方法・税金を解説
    相続時には不動産の査定が必要!査定方法・分割方法・税金を解説

    不動産を相続した際には、相続税の計算や負債状況を確認するためにも査定の依頼がおすすめです。この記事では、相続した不動産の査定方法から相続税、相続した不動産の分割方法までをわかりやすく解説しています。査定に関するQ&Aも併せて紹介しているので、これから不動産を相続する予定がある人はぜひこのまま読み進めてみてください。

  2. マンションにおける減価償却費の計算方法<シミュレーションを基に解説>
    マンションにおける減価償却費の計算方法<シミュレーションを基に解説>

    確定申告を行う際には減価償却費の計算が必要です。不動産で得られた所得には税金が課せられますが、所得から経費を差し引くことができれば課税される額が抑えられるので税金が安くなります。減価償却費は、その経費として計上することが可能です。この記事では減価償却の意味をはじめ、メリットとデメリット、計算方法まで詳しく解説します。

  3. 土地と建物の名義が違う場合|売却方法や名義変更手続き方法を紹介
    土地と建物の名義が違う場合|売却方法や名義変更手続き方法を紹介

    土地とその土地に建っている家や建物の名義人は、一般的には同じことがほとんどです。しかし、さまざまな事情により、土地の名義人と家や建物の名義人が異なっている場合もあります。土地と建物、それぞれの名義人が違うことで、不具合が生じることは通常はあまりありません。しかし、その土地や建物を売却する際や、税金が課せられる際に問題が生じる場合があります。この記事では、土地と建物の名義が違う不動産を売却したい場合、どのような方法があるのか、手続きはどうすればいいのかなどの解説しています。名義が異なる土地や建物を所有している人は、ぜひ参考にしてください。

  4. ローンの残っている家を売って新居を買いたい!方法と手順を解説
    ローンの残っている家を売って新居を買いたい!方法と手順を解説

    家庭の事情やライフスタイルの変化により、新居に買い替えたいという人もいるのではないでしょうか。今の家が賃貸物件なら、希望条件の合う新居が見つかり次第、買って転居できます。しかし、今の家が買った家の場合、すぐに転居するのは難しいのが現状です。特に住宅ローンが残った家は、買替えたくても希望通りにいかない可能性があります。そのため、まずは住宅ローンの残債を確認することが大切です。そこでこの記事では、住宅ローンが残っている家を売って新居を買替えられるのかを解説します。方法や手順などもわかりやすく解説するので、住宅ローンが残った家の買替えを検討している人は参考にしてください。

  5. 専任媒介契約の期間は3ヵ月!更新や途中解約の方法を解説
    専任媒介契約の期間は3ヵ月!更新や途中解約の方法を解説

    不動産を仲介で売却する際には、売り手と不動産会社の間で「媒介契約」と呼ばれる契約を結びます。媒介契約は、不動産の売却活動を売り手に代わって宅地建物取引業者である不動産会社が引き受けるという契約です。媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があり、それぞれ内容が異なります。専任媒介契約の内容は、一般媒介契約と専属専任媒介契約の言わば中間的な存在です。この記事では、専任媒介契約の期間やルールをわかりやすく解説しています。満期を迎えた場合の手続きや途中解約も併せて解説しているので、専任媒介契約の理解を深めて適切な期間で契約しましょう。

58秒で入力完了!!最大6社の査定額を比較

お問い合わせ窓口

0120-829-221 年中無休 10:00~18:00(年末年始・特定日を除く)