中1からの不登校を通信制高校への入学で克服!明るい性格になり、積極的に外出できるまでになりました

2019年7月17日投稿
この体験談のポイント

中学時代の先生との相性が良くなく、通学が苦痛になってしまい不登校に。通信制高校がどんな学校か親子ともどもわからないことばかりでしたが、見学会に行ってみて学習カリキュラムや雰囲気にとても魅力を感じ、入学を決めました。今では登校以外でも外出するようになり、性格も明るくなって「選択肢は無限大」であることを強く実感しています。

引きこもり改善 不登校
ともともさん(保護者)
学校の満足度:55
新入学
15歳/男性
学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校
  • 【入学年月】2019年2月
  • 【登校日数】週5日通学
  • 【コース】 大学進学、パソコン実用(資格・スキル)、基礎学習
  • 【学費(年間)】 100万円

通信制高校・サポート校に入学したきっかけ

先生と合わず中1から不登校になってしまった

中学時代、先生との巡り合わせが上手くいかず、1年の1学期以降不登校になってしまった。先生からグイグイ来られるのが好きではなく、学校自体は嫌いではなかったが、だんだん学校に行く事が日に日に苦痛になってしまった。

入学前後でこんな変化が!

ずっと家の中で過ごしていたのに、学校以外でも出かけるように!

通信制高校に入る前は、どちらかというと内向的であまり外に出る事を好まず、家のなかで1日を過ごすのが大半だったのが、通信制高校に入ってからは今までとは逆転。登校以外でも外出するようになり、性格も明るくなりました。

学校選びで重視したこと

見学に行き、雰囲気、学習カリキュラム、登校ペースなどに魅力を感じた

初めて学校の資料を見た時は、あまりピンと来なかった。が、実際に学校の見学会に行って説明を聞いた時に、雰囲気も良く学習カリキュラムも良くて大学に行く事も可能性があると聞き、自由登校な所も魅力的だと思いました。

これから通信制高校やサポート校に進む人へのアドバイス

複数の学校から資料請求し、しっかり比べてみて、実際に学校の雰囲気を見てみてください

学校のパンフレットは出来るならば複数を一括請求して、学校の特徴等をしっかり見ること。少しでも興味があれば、行く行かない関係なしで、学校の見学会や説明会に行ってみて、自分に合うのか合わないかを見極める事で、いろいろ楽しめると思います。

同じような境遇の保護者の方へ

全日制だけが選択肢ではありません!選択肢は無限大!

はじめは、私自身も通信制高校ってどんな学校で、どんな学習カリキュラムなのかってわからないことだらけでした。けど学校のパンフレットを一括請求して見てみると、全日制だけが学校じゃないと感じ、「選択肢は無限大」と、これだけは伝えたいです。

  • 通信制高校・サポート校への進学を決めたきっかけ

    自由度が高いところ、専門知識を修得したい、 勉強についていけない、人間関係(先生)
  • 進学した学校を選んだ決め手

    先生の雰囲気、学習カリキュラム、登校(スクーリング)日数、 制服、夢が実現できそう
  • 学校を決めるときに参考にした情報源

    学校のWebサイト、学校の説明会・見学会、学校のパンフレット、一括資料請求サイト

体験談の内容について
掲載されている体験談は、通信制高校・サポート校に入学した方およびその関係者の個人的な記憶、経験に基づくものであり、内容の真偽、正確性、有用性を保証するものではございません。