起立性調節障害の子供がいます。通信制高校では受入れ実績も多いと聞きますが、どのような対応をされているのでしょうか。

質問者
みきママさん(47歳・女性)
生徒の現在の状況:中学3年生

子供が起立性調節障害のため、全日制を諦めて通信制への入学を検討しています。そのような生徒に対し、学校ではどのように対応されているか。改善した生徒さんがいれば、どのような生活を送っていたかなどを教えてください。

各学校からの回答

  • 体調が良いときに通う形で構いません。自分自身を認めて自信をつけていくことで、生活が改善した生徒がたくさんいます。

    飛鳥未来高等学校
    池袋キャンパス/教諭
    久米 麻未 先生

    起立性調節障害という診断を受けているお子さんは、最近増えてきました。体の不調で朝起きられない辛さを理解し、調子の良いときに学校に通ってもらうようおすすめしています。自分の体調を自分で理解し、季節や時間によって体調が安定しているときにレポートを自宅で解いている生徒もいます。できたことを教員たちが認め、生徒自身が自分を認めて自信をつけることにより、生活が改善され、進路にも興味を持って考えられるようになっていく生徒が多いです。

  • 環境を変えることや心理的負担の軽減、運動などで改善した生徒が多数います。登校は、時間を問わず体調が整ったタイミングで構いません。

    飛鳥未来きずな高等学校
    仙台キャンパス/主任
    長内 直人 先生

    そもそも通信制高校の通学方法が、全日制高校のように必ず1時間目から通学をしなければいけないという訳ではないため、朝に体調が整わない場合は午後など比較的体調が整ったタイミングから通学することができます。生徒が無理なく通学を行うことができ、そして進級・卒業に向けて必要な授業の規定回数がしっかりと完了できるように、担任を中心にサポートさせていただきます。

    改善した生徒の事例としては、通信制高校への入学による外的環境の変化や、心理的負担(起立性調節障害を理由とする遅刻や欠席が多くなることで、周囲からどう思われているのかなどを考えてしまうことによる負担)の軽減で症状が軽くなり、運動部への参加など生活習慣の中に適度な運動を取り入れて改善した生徒も多いです。