不登校なので通信制高校に通ってやり直したいけれど、親に何と言えばいいでしょうか。

質問者
ももさん(14歳・女性)
現在の状況:中学2年生

私は今度中3になるのですが、中1の後半から人間関係(いじめ)で不登校です。それで、通信制高校に通いたいなと思ってるのですが、親にまだ言えてません。親がなんて言うのか、どんな反応をするのかが怖いです。どうやって切り出したらいいでしょうか。

各学校からの回答

  • まずは通信制高校に興味を持っていること、詳しく知りたいことを伝えてみましょう。そして、あなたの将来のために最適な選択肢は何かを話し合ってみてください。

    ゴールフリー高等学院
    草津キャンパス・京都キャンパス/キャンパス長
    森川 賢一 先生

    まずは、選択肢のひとつとして通信制高校に興味を持っていることを伝えてみましょう。それから、詳しく知るために一緒に相談や見学に行ってほしいとお願いしてみてください。

    インターネットの情報や資料だけではわからないこともたくさんあります。急に通信制高校に行きたいと伝えるのではなく、まずは一緒に話を聞いて、校舎を見学して、あなた自身も保護者の方も通信制高校のことについて詳しく知ってください。その上で、最終的にあなたの将来のためにはどうしていくことが最適なのか、保護者の方と話し合うことをおすすめします。

  • 親御さんもタイミングを見計らっているのかも。「進路の相談をしたい」と、時間を取ってもらっては?

    飛鳥未来きずな高等学校
    仙台キャンパス/主任
    長内 直人 先生

    今ある環境から次のステージを真剣に考えられており、素晴らしいと思います。通信制高校への進学者は年々増えてきており、選択肢のひとつとして考えている人も増えてきています。

    また、きっと質問者さんだけでなく、保護者の方も高校への進学についてたくさんの選択肢を考えているのではないかと思います。進路について保護者の方にお話しするのはとても勇気がいることかもしれませんが、もしかしたら保護者の方も質問者さんに余計なプレッシャーを与えないようにタイミングを見計らってくれているのかもしれません。「進路について相談があるんだけど」と保護者の方にお時間を取ってもらうようにしてはいかがでしょうか。

  • 「通信制高校に行きたい」という真剣な思いを正直に伝えれば、きっと理解してくれるはずです。

    志成館高等学院 東京校(目黒校舎)
    東京校/校長
    加藤 大樹 先生

    まずは、正直に自分の思いを告げましょう。うまく伝える、言いくるめようとしても良いことはありません。あなたが自分で高校進学のことを真剣に考え、これならできるかもしれないと思った学校のことですから、きっと伝わると思います。肝心なのは「どこでもいいから通信制高校にした」と言うネガティブな決め方でなく、「通信制高校なら自分に合っているから」とポジティブな意見として話をすることです。がんばって!

  • 怖がらず、勇気を出して正直な気持ちを親御さんに話してみてください。

    日本航空高校 高岡学習支援センター
    高岡学習支援センター/センター長
    屋鋪 英明 先生

    不登校である現実を素直に認め、両親に自分の気持ちを正直に話しましょう。あなたの正直な気持ちを言ってくれるのをご両親はきっと待っています。怖がらなくてもいいですよ。勇気を出してください。親御さんが一番の味方です。あなたの気持ちに寄り添った援助をきっとしてくれるはずです。2021年1月より新入学生の受付を開始いたしますので、ご縁があれば問い合わせてください。

  • 保護者の方は「学校に行きたい」というあなたの気持ちを喜んでくれるはず。行けるようになりたいという目標を伝えてみては?

    くまもと中央高等学院
    本校/カウンセラー
    代田 くるみ 先生

    保護者の方は学校に行って欲しいとは直接は言わないかもしれませんが、心の中では行ってほしいと思っているかもしれません。自分の思いを打ち明けるには勇気が必要です。学校に行きたいというあなたの気持ちをきっと喜んでくれると私は思いますよ。今すぐには学校に行けないけど、行けるようになりたいんだという目標を伝えてみるのはどうでしょうか?

  • 親御さんは、学校に行ってほしいと思っているはず。勇気を出して親御さんに伝えてみて。

    鹿島学園高等学校
    溝の口キャンパス/キャンパス長
    熊崎 沙彩 先生

    不登校のことで相談に来られる多くの親御さんは、子どもさんにもう一度学校に行ってもらいたいと思われている方がほとんどです。ですので、まずは一度、勇気を出して「高校に通いたい」という意志を伝えてみてはいかがでしょうか?そしてお互いに話をして気持ちを伝えた上で、一緒に学校見学に行くなどして自分に合った通信制高校を選択するのが良いのではないかと思います。

  • 高校卒業資格が得られて、将来の夢を叶えるための進路も選べるということを伝えてみてはどうでしょうか。

    希望高等学園
    岡山校/副校長
    伊藤 英明 先生

    高校には、全日制課程、定時制課程、通信制課程の3種類があります。通信制高校(通信制課程)の卒業も立派な高校卒業となります。大学・短期大学・専門学校などに進学したり、高校卒業の学歴で就職することも可能です。このように、通信制高校に進学して将来の夢を叶える方法もあることを保護者の方にお話しして、ご理解をいただいてはどうでしょうか。

  • 通信制高校だけに選択肢を絞るのではなく、「通信制高校も知った上で進路を考えたい」と伝えてみては?

    信州中央高等学院
    長野学習センター/センター長
    幾川 公之 先生

    保護者の方に言い出しにくいお気持ちもよくわかります。通信制高校に通うことにはメリット・デメリットがそれぞれあり、ご相談者様が全日制の高校に進学することにもメリット・デメリットがあるかと思います。そして、ご相談者様と保護者様がどちらもきちんと理解した上で進路を決定されるのが良いと思います。

    まずは「通信制高校のしくみ」「メリット・デメリット」を知るために一度校舎に来校することをお勧めします。保護者の方には「絶対通信制高校に行きたい」ではなく、「通信制高校も知った上で進路を考えたい・相談したい」とお伝えしてはどうでしょうか。

  • 今の悩みをストレートに伝えてみましょう。保護者の方も不安を抱えているかもしれません。

    飛鳥未来高等学校
    池袋キャンパス/教諭
    久米 麻未 先生

    保護者に気持ちを伝えるのは、勇気が必要ですよね。中学校生活の中、人間関係で苦しんでいることは、保護者の方はご存じですか?今、悩んでいることをストレートにわかってもらうことから始めてみてください。

    進路は、保護者にとっても一大決心ですし、不安で仕方がないものです。保護者の方の不安は、おそらく「進学後高校を卒業できるのか?」「金銭的にはどうか?」「卒業後はどうなっていくのか?」だと思います。ぜひ、通信制の学校を理解していただくためにも、早めに保護者の方と一緒に学校見学をおすすめします。