不登校からの高校進学。入試・受験、高校選びの注意点

不登校でも高校へ進学できます。「不登校だから…」と心配する必要はありません。しかし大事なのは、高校進学より、少しずつでも不登校を治して、普通の学生と同じように通学できるようになることです。不登校でも通える高校選び、不登校の高校受験、さらに不登校からの大学進学について紹介します。

不登校でも進学できる高校選び

不登校でも、高校進学の進路は開かれています。不登校の子どもの進学先というと、定時制や通信制がすぐに提案されますが、全日制の高校に入学することもできます。中学校で不登校でも、高校に入学して環境が変わると通学できる子どももいます。

高校の種類と特徴をチェック

高校は、学習方法や授業時間の違いから、全日制、定時制、通信制の3つに分かれます。それぞれの高校について、受験の面から違いを紹介します。

■全日制高校
内申点を選考の基準にしていない高校やオープン入試を実施している高校なら、学力試験の結果だけで入学できる。数は少ないが、学力や内申点を考慮せず、面接だけで選考を行う高校もある

■定時制高校
入学前に学力試験と面接を行うが、ほぼ全員が入学できる。内申点は選考基準にしていない。不登校だったとしても、定時制高校で通学できる範囲あれば、基本的にどこの学校でも入学できる

■通信制高校
入試は、書類選考と面接だけの学校が一般的。学校によっては、学力試験や作文などを行うが、ほぼ全員が入学できる。内申点は選考基準にならない。基本的に、入学できる範囲の学校であれば、どこの学校でも入学できる

■全日制、定時制、通信制の高校の比較

  全日制 定時制 通信制
入試 学力試験と内申書 学力試験と面接。学力は考慮しないことが多い 多くは書類審査と面接
制度 多くは学年制 学年制と単位制の学校がある 多くは単位制
通学 毎日。授業は朝~夕方 毎日。多くの学校で授業は夕方~夜。学校によって朝、昼の部もある 学校によって異なる。毎日~年数日まで幅広い
卒業年数 3年 基本的に4年。3年で卒業することも可能 最短で3年
学習内容 学校による 基本的にやさしい 基本的にやさしい

学年制…1学年で必要な単位を修得すれば進級できる。修得できない単位があった場合は留年する。最終学年を修了すれば卒業
単位制…在学中に卒業要件をすべて満たせば卒業できる。修得できない単位があっても留年せず、修得しなおせば良い

学校生活を満喫したい場合は、やはり全日制高校ですが、あまり通学したくないのなら通信制高校のほうがいいでしょう。入学できるという点だけでなく、どんな学校なら通学できそうか、よく考えて選びましょう。

進学先は不登校のタイプを考慮する

子どもによって、不登校のタイプはさまざまです。そのため、高校へ進学して環境が変わったからといって、不登校が解消するとは限りません。どういった高校へ進学するのが、不登校の子どもにとって適しているのかを、よく話し合って決めましょう。

■人間関係やいじめが原因
不登校の原因が、人間関係の悩みやいじめなどの場合、高校で人間関係をリセットすると通学できることがある。原因となった生徒と同じ高校にならないようにしたり、いじめに対する処罰の厳しい学校を選んだりする配慮が必要になる

■病気がちで欠席が多い
高校では、長期間の欠席が留年の原因になる。留年は退学するきっかけになるので、学年制ではなく、単位制の高校が適している。単位制の高校は、定時制や通信制が多いが、全日制でも採用している学校がある

■朝起きられない
朝起きられない、起立性調節障害などの場合、治療をしながら昼や夜から通学できる定時制や通信制の高校が向いている。入学した定時制や通信制高校によっては、症状が緩和したら、全日制へ転入することもできる

■学校に行きたくてもなぜか通学できない
徐々に通学できるように、サポートが受けられる高校を選ぶ。通信制高校やサポート校には、生徒のカウンセリングなどができる学校もある。無理に通学せずに、徐々に不登校を解消していける高校が適している

■勉強についていけない
定時制や通信制の高校によっては、中学校の勉強から教えてくれる学校がある。勉強についていけないまま高校の勉強をするよりは、基礎からやり直して行ける学校のほうがいいだろう。定時制や通信制の高校は、学習内容が比較的やさしいので、卒業もしやすい

不登校の生徒を受け入れる通信制高校

通信制高校には、不登校の子どもの受け入れ先としての役割を担っている側面があります。そのため、学校によっては、カウンセラーがいるなど、不登校の子どもをサポートする体制が整っています。どの学校に行けばいいのかわからない、というときは、まず通信制高校を検討するのがおすすめです。

学校によって異なりますが、基本的な通信制高校の特徴は次の通りです。

■通信制高校の特徴

  • 基本は自宅学習
  • 通学は月に数日程度
  • 単位制で留年がない
  • 生徒同士の交流が少ない

このように通信制高校は、不登校の子どもでも通いやすい学校なのです。その一方で通信制高校は、自宅学習なので自己管理が必要、疑問点の解消に時間がかかるなどのデメリットもあります。私立の通信制高校では、そういったデメリットを、手厚いサポート体制で軽減させています。

また、通信制高校によっては、高校生活に慣れて、通学できるようになったら「通学日数を増やす」「全日制へ転入する」こともできます。不登校を理由に通信制高校を選ぶときは、不登校を解消してからのことも考えて学校を選ぶといいでしょう。

また、将来のことを見据えて、進路のケアが受けられる通信制高校がおすすめです。
こだわり条件でも探せる『ズバット通信制高校比較の学校検索』で、各学校のサポート体制などを比較してください。

不登校からの高校受験で注意すること

不登校から高校受験をするとき、問題になるのが「内申書」と「学力」です。学校に通っていないと、内申書の点数を高くできませんし、学力も落ちてゆきます。しかし、それでも高校受験に臨むことができます。

内申点が低くても学力でカバーできる

高校受験は、入学試験と内申書(調査書)で合格・不合格が決まります。試験の点数がどんなに良くても、内申書の内容が悪ければ入学できません。内申書の点数(評定、内申点)が●点以上でなければ入学できないと決めている高校もあります。

高校は、「内申点が低い=問題を抱える生徒」と考え、内申点が基準以下の生徒の入学を嫌うのです。

不登校だと出席日数が少ないため、内申点が低い、内申点がない、ということがあります。高校受験をするのに、不登校はとても不利です。

しかし中には、内申点を重視しない、内申書が必要ない、という高校があります。また、入学試験の結果だけを合否の判断基準にする、オープン入試という試験もあります。不登校でも、学力で高校受験をクリアすることが可能なのです。また、内申点や学力を合格基準にしていない高校もあります。

高校受験のための学力アップ

内申書を重視しない学校やオープン入試は、難関校だったり、合格の基準点が高かったりと、高い学力が求められます。受験する高校の情報を集めたり、在籍する中学校に聞いたりして、事前に合格できる範囲内なのかを調べておきましょう。

オープン入試などで高校受験に臨むのであれば、ある程度の学力が必要です。ただ、不登校の場合、中学校以外で学力を向上させなくてはなりません。不登校でも学力を上げるには、次のような方法があります。ただ、基本的に、受験する本人に学習する意欲が必要です。

■家庭教師を依頼する
基本的に自宅学習で学力を補い、疑問点や不足している部分を家庭教師で補う。週1回であれば、1~数万円程度で済む。自分で勉強できるのであれば、家庭教師は強い味方になる

■ネット授業を利用する
インターネットで高校受験の講義を受けられる。月額1,000円程度とかなりリーズナブルなので、家計の負担にならない。受験のための講義なので、内容は実践的

■学習塾・予備校に通う
自宅にこもるのではなく、外部の教育施設で講義を受ける。実際に学習塾や予備校へ通うので、高校通学の練習にもなる。高校受験に関する情報を得られるのも、学習塾に通うメリットのひとつ

ほかにも、通信教育の教材を使用するなどの方法があります。また、複数の方法を組み合わせてもいいでしょう。中学校の授業は、多くの生徒にあわせたペースで行っているので、集中して勉強すれば追いつくことが可能です。

以上は、あくまでも自分から勉強ができるタイプの子どもに適した方法です。自分で勉強することが苦手で、学校という環境が必要な子どもは少なくありません。子どもに勉強をする環境が必要な場合は、無理に勉強するよりは、フリースクールなどを利用して、学力の遅れを補うほうが有効でしょう。

不登校から大学進学を目指すには

不登校からでも大学進学は、十分に可能です。不登校の解決にばかり注目するより、大学進学など将来の進路を考えて、進学する高校を選びましょう。そのほうが、後悔のない、満足のできる高校生活を送れるはずです。

■全日制高校の大学進学
高校へ通えるのであれば、大学受験の対策は一般的な高校生と変わらない。高校の授業や自宅で勉強して、学習内容の理解を深め、学習塾などで受験対策を行う

■定時制高校の大学進学
高卒資格を得ることが第一の目的のため、あまり大学進学には向いていない。学校の授業内容も、比較的やさしく、大学受験には不足している。学習塾などで、大学受験の学力を補う必要がある

■通信制高校の大学進学
公立の通信制高校は、定時制と同じで、高卒資格の取得が第一の目的となっている。大学へ進学するのであれば、私立の通信制高校で、大学受験に特化したコースを選択する

■通信制高校のサポート校を利用する
学習塾などが運営するサポート校では、大学受験に特化した授業を受けられることもある。マンツーマン授業を受けるなど、高校より高度な受験対策が可能

通信制高校やサポート校によっては、高校の学習内容を早い段階で終わらせて、残った時間で大学受験向けの授業を行っています。そのため、一般的な全日制高校より、通信制高校のほうが大学受験の勉強に時間を割くことができます。大学受験に関しては、全日制より通信制高校のほうが有利な面もあるのです。

また、通信制高校によっては、大学の指定校推薦枠を持っています。学内の選抜試験をクリアすれば、推薦を受けることができるのです。

■通信制高校の指定校推薦枠の例

ルネサンス高等学校、ルネサンス豊田高等学校、ルネサンス大阪高等学校 大東文化大学、東洋大学、帝京大学、国士舘大学、京都外国語大学など
第一学院高等学校 大阪樟蔭女子大学、専修大学、東京国際大学、日本大学、立正大学など
NHK学園高等学校 立教大学、帝京大学、二松学舎大学、城西大学、駿河台大学など

通信制高校によって、さまざまな大学進学のためのカリキュラムを用意しています。
「通信制高校からの大学進学。難関校の受験も大丈夫!」で詳しく紹介しているので、チェックしてください。