通信制高校には留年がない!? 卒業までの流れと条件を解説

全日制高校には留年がありますが、通信制高校にはありません。ここでは、同じ高校という枠組みの中で留年という概念がないのはなぜなのか、また、通信制高校の卒業までの流れはどのようになっているのかを解説します。

通信校に留年がない理由は「単位制」だから

一般的な全日制高校では「学年制」が導入されており、1年ごとに取得する単位が決められています。出席日数が足りなかったり、成績が一定の基準を満たしていなかったりして、単位をひとつでも落とすと留年が決定。つまり、同じ学年をもう一度やり直さなければなりません。

しかし、通信制高校では「単位制」という仕組みが取られているため、卒業要件である74単位以上を修得すれば、卒業できます。最終的に卒業に必要な単位数を修得できればいいので、学年制での留年という概念が存在しないのです。

学年がない=単位修得のペースを自分で決められる

この74単位は、1年で習得する単位数が決められているわけではなく、すべて個人の裁量に任されています。つまり、生徒自身が考えて、授業の時間割を組み立てていくのです。もちろん、自分でスケジュールを組み立てることに不安を感じる人は、先生と相談の上で希望に合ったスケジュールが組めるので心配はありません。

つまり、「1年目にあまり単位が取れなかったから2年目は頑張って多く取得する」「3年間では無理なので4年かけて卒業を目指す」というように、自分のペースで単位を修得できるのが通信制高校の大きなメリットと言えます。

⇒単位について詳しく知りたい方はこちら

通信制高校を卒業するための条件

通信制高校を卒業するためには、以下の3つの条件を満たすことが必要です。

在籍期間3年以上 早めに必要な単位を修得したとしても、3年以上在籍する必要がある。ただし、通信制高校に編入・転入した場合は、前の学校での在籍期間も含まれる。
74単位以上を修得 必要な単位数、レポートやスクーリングの回数は異なる。このほかに単位認定試験(テスト)が課せられ、通信制高校に編入・転入する場合は、前の学校で修得した単位を含むことができる。
特別活動30単位以上 授業以外の遠足、文化祭、修学旅行などの学校行事やホームルームのこと。スクーリングの中で農業体験やスポーツなどを実施する学校も。

まずは、高校卒業資格を得るために、学校教育法で定められている在籍期間3年以上を満たすこと。それと、前述した74単位以上の修得。さらに、ホームルームや体育祭、遠足や修学旅行などの特別活動30単位以上。この特別活動に関しては、決められた活動に参加してさえいれば、特に心配することはありません。

⇒卒業に必要な条件を詳しく知りたい方はこちら

単位はどうやったら修得できるの?

前述の通り、通信制高校を卒業するためには74単位が必要ですが、きちんと修得できるのか不安に思う人もいるかもしれません。ここからは、単位修得までの流れを説明します。

■単位修得の流れ

学校から課題が出されるので、それに沿って学習します。課題として出た範囲のレポートを作成して提出し、添削を受けながらレポートを完成させます。この間、スクーリングと呼ばれる面接指導を受けます。これは、自宅学習でわからないところなどを先生に直接、指導してもらうための、いわゆる「登校日」のことです。

その後、単位認定試験を受け、合格できればその単位が取得できるという流れです。レポートや単位認定試験は、教材をしっかり学習していれば理解できる内容ばかり。決して難しいものではありません。

このように、何年かけても最終的に74単位を取得すれば卒業できる通信制高校のメリットを活かして、働きながら通信制高校に通う生徒も少なくありません。また、育児をしながら学校に通い、卒業資格を目指す人もいます。自由な時間を多く持てる通信制高校だからこそ実現できる学習スタイルと言えます。

単位取得や卒業に不安があるなら、サポートの充実した私立の通信制高校がおすすめ

通信制高校は自宅学習が基本で、学校に行く回数が少ないため、途中で挫折してしまう人も少なからずいます。きちんと自己管理できるか不安な人は、学びやすい環境を整えている私立の通信制高校がおすすめ。少人数制の授業や個別指導が充実していたり、勉強だけでなくさまざまな相談にも応じてくれるカウンセラーが常駐していたりと、生徒の学校生活を手厚くサポートしてくれる体制が整っています。確実に卒業するための選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

⇒公立・私立の違いを詳しく知りたい方はこちら

⇒公立・私立の卒業率の違いの違いを詳しく知りたい方はこちら

⇒あなたに合う通信制高校・サポート校を検索!