過敏性腸症候群なので通学日数や時間帯にしばられない学校生活を送りたいです。こんな私でも卒業できますか?

質問者
きょんさん(16歳・女性)
現在の状況:高校1年生

全日制高校に通っていますが、過敏性腸症候群で辛いです。学校には行きたいのに休んでしまったり、電車に乗っていて途中下車して遅刻したり、試験中にトイレに行きたくなったりして、集中できません。このままだと出席日数も危ないし、友達の目も気になります。通信制高校なら通学日数や登校時間を自分で選べると知ったのですが、私のような人でも卒業できますか?体調が良くなったら、毎日通えるようになりたいです。

各学校からの回答

  • あなたの体調に合わせることができますので、無理をせずにゆっくり慣れていきましょう。

    日本航空高校 高岡学習支援センター
    高岡学習支援センター/センター長
    屋鋪 英明 先生

    あなたの状況に応じて対処できます。最初から無理をせず、ゆっくり体を慣れさせて学習に取り組みましょう。どうしても登校が難しい場合は、センター長が月2回程度、皆さんの自宅を訪問して学習をアドバイスするシステムもあります。くれぐれも短気を起こして退学手続きをしないでください。転入手続きをうまく利用しましょう。

  • 体調面で辛い思いをして入学する生徒はたくさんいます。自分の体調に合わせて通学日数や登校時間を選んで、無理のないペースで通ってください。

    鹿島学園高等学校
    溝の口キャンパス/キャンパス長
    熊崎 沙彩 先生

    鹿島学園でも、質問者様と同じように体調面で辛い思いをして通信制高校に入学される生徒さんが多くいます。質問にあった通り、自身で学習コースを決めることができますので、それぞれのペースに合わせて通学日数や登校時間を選ぶことが可能です。途中でコースの変更も可能ですので(週1コースから週5コースなど)、体調が良くなったら、ぜひ毎日学校に来てくださいね。

  • 時間や曜日に縛られないフリー登校が可能です。無理せず、徐々に慣れていきましょう。

    志成館高等学院 東京校(目黒校舎)
    東京校/校長
    加藤 大樹 先生

    志成館高等学院はフリー登校ができます。時間や曜日に縛られずに自分のペースで勉強を進めていくことができます。体調が悪いときに朝の混んでいる電車は辛いですよね。少し遅い時間から始めたり、体調が悪いままならばそのまま休んで次の日に登校しても大丈夫です。無理をせずにできるところから始めて、慣れていってください。

  • 通信制高校では、登校日数は気にしなくて大丈夫です。無理のないペースで卒業を目指すことができるので安心してください。

    くまもと中央高等学院
    本校/カウンセラー
    代田 くるみ 先生

    きっと、周りには理解してもらいにくいデリケートな問題ですね。恐らく、自分の状況を知ってもらえていないことより、伝えても理解してもらえないことが1番辛いですよね。通信制高校では登校日数は卒業条件に含まれません。自分に無理のないペースで取り組めます。卒業も諦める必要はありませんよ。

  • 体調と相談しながら通学できますし、トイレ休憩も自由です。安心して通えるようにサポートしますので、相談してくださいね。

    希望高等学園
    岡山校/副校長
    伊藤 英明 先生

    最初は週2日程度の通学から始めて、体調が良くなったら少しずつ通学日数を増やしていき、自信が持てるようになったら毎日通学することもできます。個別指導中心の学習ですので、トイレ休憩なども自由にとることができます。転入学の場合、毎月の入学を受け付けていますので、一度入学相談会にお越しいただければ詳しいお話をすることができます。

  • 自分が行きたい日、行きたい時間に登校することができます。授業に出る生徒は毎回異なるので、周囲の目は気にしなくて大丈夫ですよ。

    飛鳥未来高等学校
    池袋キャンパス/教諭
    久米 麻未 先生

    自分のペースで登校できる通い方があります。授業に出るために事前申請なども必要ありません。自分が来たい時に来たい時間から登校することができます。授業に出る生徒も毎回異なるため、周囲の目を気にする必要はありません。転校生も期の途中で入学してくるため、人目を気にする必要はありません。毎日通えるようになれば、通い方を変えてクラスで過ごすこともできます。

  • 体調が良くなったら週5日の通学に変更できますし、体調不良でも卒業・進学した生徒がたくさんいます。

    飛鳥未来きずな高等学校
    仙台キャンパス/主任
    長内 直人 先生

    体調不良や過敏性腸症候群を理由に、全日制ではなく通信制高校への転入学をする生徒も多いです。質問者さんが言う通り、通信制高校なら通学日数や登校時間を自分で選ぶことができますし、最短では年間20日程度通学すれば既定の授業日数を終えることもできます。質問者さんと同じ持病を抱えていても、高校を卒業して進学した生徒がたくさんいますよ。また、体調が良くなってきたら全日制高校と同じように毎日通学するという通い方も可能なので、安心してくださいね。

  • 体調に合わせて登校することから始めてみましょう。同様の悩みを抱えながらも無事に卒業し、大学進学した先輩もいますので安心してください。

    ゴールフリー高等学院
    草津キャンパス・京都キャンパス/キャンパス長
    森川 賢一 先生

    はい、できます。過去にも同じようなことで困っている生徒がいました。その生徒は、最初は体調に合わせて登校することから始めて、卒業後は大学に進学しました。

    ゴールフリー高等学院では平日は毎日スクーリングを行っていますので、あなたの体調に合わせて出席することが可能です。まずは体調に合わせて、自分のペースで通うところから始めましょう。体調が良くなってきたら、週5日間通うこともできますよ。