不登校の定義および判断基準は?登校拒否・引きこもりとの違いも解説

子供が学校を休みがちになった場合、どの程度から不登校だと判断すればよいのか、不登校の定義は決まっているのだろうかなど気になっている方も多いことでしょう。また、不登校は登校拒否や引きこもりと同じようなものだと考えている方もいるかもしれません。 しかし、不登校とはどのようなものか、また不登校と判断される状態や定義、タイプなどを理解していれば、学校に行きづらい子供への対応を考えるきっかけになると言えるでしょう。 そこでこの記事では、不登校の定義や、どのような状態であれば不登校と判断されるのか、また登校拒否や引きこもりとの違いなどについて説明します。

不登校の定義について

不登校に定義があるのかどうか、また不登校に定義があるのならばどのようなものなのか、身近に学校に行きづらい子供がいる場合は気になるところです。

ここでは、まず不登校の定義がどのようになっているのかをみてみましょう。

文科省による不登校の定義

文部科学省の発表によると、不登校の定義は次のようになっています。

「不登校児童生徒」とは、何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの。

不登校の現状に対する認識|文部科学省

つまり、病気や経済的な理由がないにもかかわらず、子供の意思で登校しなかったり、登校したくてもできなかったりして、年間で30日以上欠席すると不登校であると判断されるのです。

この30日の基準は、連続しているかどうかは関係ないので、登校しない日が毎月3~4日であっても、年間で30日以上になると不登校と判断されます。

反対に、遅刻や早退が多く実際には授業をほとんど受けていなかったとしても、保健室や教室に顔を出していれば不登校とはみなされないことになるのです。

法律による不登校の定義

不登校は、法律でもどのような状態であるかが定められています。「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」による不登校の定義は、次の通りです。

何らかの心理的、情緒的、身体的若しくは社会的要因又は背景によって、児童生徒が出席しない又はすることができない状況(病気又は経済的理由による場合を除く。)

義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律第二条第三号の就学が困難である状況を定める省令

ここでも、子供が登校しない、またはできない状況を不登校と定義していますが、文部科学省が定義しているように30日という具体的な日数は設けられていません。

不登校の判断基準

不登校の定義がわかったところで、実際に不登校であるかどうかの判断基準についてみてみましょう。

理由別長期欠席者とは

文科省が定めている理由別長期欠席者の4項目は、次の通りです。

病気

身体や心のケガや病気などによる、入院、通院、自宅療養の必要を理由とするもの

経済的理由

経済的な理由で教育費が捻出できない、または家計を助けるために働かなければならないなどの理由によるもの

不登校

病気や経済的な理由などがないにもかかわらず、登校しない、または登校できないという理由によるもの

その他

親の考えで子供を学校に行かせないなど、ここまでのいずれの理由にも当てはまらないもの、または2つ以上の理由によると考えられるもの

不登校相当と準不登校について

子供の不登校の状態は、紋切り型で区別できるものばかりではありません。学校に行ったり行かなかったりする子供もいれば、学校に行っても教室に入れない子供もいます。

そのような状況を区別するために、文部科学省が管轄している国立教育政策研究所の「不登校・長期欠席を減らそうとしている教育委員会に役立つ施策に関するQ&A」が設けているのが、「不登校相当」と「準不登校」です。

これは、学校基本調査の不登校の定義に加え、次のような計算式で算出された欠席日数が30日以上の場合を「不登校相当」とし、15日以上30日未満の場合を「準不登校」としています。

欠席日数の算出方法

欠席日数+保健室等登校日数+(遅刻または早退した日数÷2)

この計算を用いることで、保健室登校や遅刻、早退をした日数を完全に登校した日数から差し引くことができるので、より具体的な不登校の状況を把握できるといえるでしょう。

文部科学省の調査による不登校のタイプ

不登校と一括りで表しても、原因によってさまざまなタイプに分けられます。

ここでは、文部科学省の調査によって分類された不登校のタイプにはどのようなものがあるかについてみてみましょう。

学校生活上の影響タイプ

学校生活上で起こるさまざまなことが、不登校の原因に影響しているタイプです。

クラスの友達や先生との人間関係に問題があったり、授業や課外活動などでトラブルが起きたりしたことが原因で不登校を引き起こした場合になります。いじめ授業についていけないといった原因による不登校もこのタイプです。

あそび・非行タイプ

不登校になった原因が、学校外でのあそび非行にあるタイプで、小学生よりも中学生で多く見受けられるのが特徴だと言えます。

単独で非行行動をしたり学校外で遊んだりすることもありますが、多くの場合は、そのような行動を共にする仲間がいたりグループに入っていたりするケースがほとんどです。自らが望んで入っている場合だけでなく、何らかの理由でグループから出られないこともあります。

無気力タイプ

学校や家庭などに特に問題がないにもかかわらず、何となく登校できない、登校したくないといったタイプです。

不登校だけでなく、何かに興味を持ったり人と関わったりすることが少なくなる場合もあります。また、無気力タイプの不登校の子供の中には,自尊感情が低くなっていて、さまざまなことに対してやる気を失っていることが多いのも特徴のひとつです。

>【もっと詳しく】「無気力タイプ」不登校の状態例と対応のポイントは?保護者の対応の注意点

不安など情緒的混乱タイプ

特別な病気などがないにもかかわらず、登校しようとすると頭痛や腹痛がするなど体調が悪くなり学校に行けなくなってしまうのがこのタイプです。

学校での問題がきっかけになっている場合もありますが、分離不安(母親から離れることに不安を覚える)や甘やかされによる場合、家族の不和など生活基盤が不安定になっている場合など、家庭が原因になっていることも多くあります。

意図的な拒否タイプ

子供が自分で意図的に学校に行くこと拒否しているタイプです。「学校に行くことは意味がない」や「自分は学校に行くような人間ではない」といった、自分自身の信念や方針によって行くことを拒否しているタイプになります。

複合タイプ

さまざまなタイプの原因が混在して不登校を引き起こしているのがこのタイプです。いくつもの原因が考えられ、どれが主要な原因であるかが特定できない場合を指します。

その他のタイプ

ここまでのタイプや原因、いずれにも当てはまらない場合をまとめたものがその他のタイプです。子供自身だけでなく、親の信念から子供が学校に行かなくなっているような場合も含まれます。

登校拒否と不登校の違い

不登校の子供の親や保護者の方の中には、「登校拒否」という言葉になじみのある方も多いことでしょう。

子供の調査において「不登校」という言葉が用いられるようになったのは1998年からです。それまでは、不登校ではなく学校嫌いという名目で調査が行われており、1960年頃からは「登校拒否」とも呼ばれていました。

現在における不登校と登校拒否との一番の違いは、学校に行かないことが子供の「意思」によるかどうかです。学校に行きたい気持ちがあるにも関わらず、どうしても学校に行けない状態を不登校、意図的に行かない場合を登校拒否としています。

登校拒否の場合は、学校に行けないのではなく、子供自身の意思で行かない不登校の状態です。つまり、登校拒否は不登校の一環に含まれるとも言えるでしょう。

ただし、学校に行く、行かないといった子供の意思は周囲が用意に測り知ることができるものではなく、子供自身でさえわからないこともあります。そのため、明確に子供の意思で行くことを拒否している状態以外は、登校拒否という言葉を用いずに、不登校とする場合が多いようです。

登校拒否と引きこもりの違い

不登校の状態と引きこもりの状態が混同されている場合もあります。確かに、不登校と引きこもりの両方を併発しているケースもありますが、本来は別のものとして考えられるべきだと言えるでしょう。

なぜなら、不登校の子供の中には、学校には行けなくても、図書館や美術館などに出かけたり、学校以外の集まりやコミュニティに参加したりできる場合もあるからです。不登校であるからといって、必ずしも家から出られなかったり人と関われなかったりするわけではありません。

これに対して、引きこもりの状態だと外出したり人と関わったりすることが非常に難しい状態を指します。場合によっては、部屋から出ることもできません。

不登校と引きこもりとは別ものであるという認識を持ち、不登校であっても外出できたり人と関わることができたりすれば、積極的にすすめていくことが大切だと言えるでしょう。

不登校と登校拒否、引きこもりとは区別することが大切

不登校にはいくつかの定義がありますが、病気や経済的な理由がないにもかかわらず、年間を通じて30日以上欠席することが不登校の判断基準です。より具体的に不登校の判断をするには、保健室登校の日数や遅刻早退なども含めて欠席日数を計算することもあります。

不登校は原因別でさまざまなタイプに分類され、以前は登校拒否とも呼ばれていました。しかし、今は子供が意図的に登校しないことを不登校の中でも登校拒否とすることが多い傾向にあります。

引きこもりも不登校と混同されることが多いですが、不登校であっても、学校以外の場所であれば出かけたり人と関わったりすることができることもあるので、別のものとして認識する必要があります。

不登校の定義や判断基準をきちんと確認したうえで、登校拒否や引きこもりとは区別をして対処することが大切です。