不登校の原因と対応について ~小学校・中学校・高校別に紹介~

不登校の子どもへの対応に悩んでいる人も多いと思います。しかし、誰にでも当てはまる正解の対応が用意されているわけではないので、親も周囲の人も、不登校をしている本人でさえ、手探りで見つけていかなければならないことがあります。不登校の子どもに不適切な対応をしてしまったり、どうしていいかわからないからと言って対応をせずに放置していたりすると、問題が長期化する恐れがあります。ここでは、不登校の原因や学年別にどのような対応をすればよいのかをみていきます。

原因別、不登校の子どもへの対応

まず、不登校の原因別に、どのような対応をすればよいのかをご紹介していきます。

学校が原因の場合の対応について

クラスメイトとの人間関係や勉強の遅れなど、不登校の原因が学校にある場合の対応には、教師などの学校関係者の協力が欠かせません。子どもの様子や態度が、家庭と学校とで違うことは往々にしてあることです。

まず、クラス担任の先生に、学校での様子を教えてもらい相談するようにします。担任だけでは対応しきれないと感じた場合は、学年主任や保健室の先生などの対応も求めることも必要です。

しかし、事が大きくなってしまうと、さらに子どもが学校に行きにくくなってしまうことがあるので、くれぐれも注意するようにしましょう。

家庭が原因の場合の対応について

家庭内の問題が不登校の原因になっている場合は、家庭で話し合うなどの対応が不可欠です。

家族で話し合ったからといって、家庭内の問題が一朝一夕に解決することは難しいかもしれませんが、家族が問題解決に取り組んでいるという姿勢を見せることが大切だと言えます。

この時に大切なことは、不登校が家庭内の問題をさらに大きくしている、といった印象を与えないようにすることです。

あくまでも、子どもが安心できる場所にするために、家庭内の問題を解決しようとしている姿勢を忘れないようにしましょう。

心身の問題が原因の場合の対応について

不登校の原因が、体調不良や心の問題の場合には、医療機関などの専門機関に相談するといった対応が必要です。

子どもが不安にならないようにするために、大ごとにしたり騒ぎ立てたりせず、淡々と健康診断を受けるような雰囲気を保つようにしましょう。

医療機関などで受診や相談をする際には、日々の行動記録をつけておいて持参すると、子どもの様子を説明する時に役に立ちます。

思わぬことが原因だったり、改善ポイントだったりすることもあるので、子どもや親の負担にならない程度で、詳しく記録しておくようにしましょう。

小学生の不登校への対応

小学生の不登校に多い原因と、その対応についてみていきましょう。

小学生の不登校の主な原因と特徴

小学生の不登校は、中学生や高校生よりも、家庭や親子関係が原因になっている傾向が強く、特に低学年の場合は、環境の変化や親との別離不安といった原因が多いです。

そのため、家庭内での親の対応が、より重要で大切になってきます。

また、中学年から高学年になるにつれ、人間関係や勉強についていけないといった原因が増えてきますが、それでも、中学生や高校生よりも家庭の影響がやはり大きいのが特徴です。

小学生の不登校対応に必要なこと

低学年(1,2年生)と中学年(3,4年生)、高学年(5,6年生)ではそれぞれ対応が異なるので、学年別に必要なことについて解説していきます。

低学年(1,2年生)の対応に必要なこと

低学年の不登校の対応で大切なことは、言葉で表現することが未熟な場合、なぜ学校に行きたくないのかをうまく言い表せないことがあるため、それを丁寧に汲みとってあげる必要があるということです。

そのため、低学年の不登校の対応としては、無理やり登校させたりせずに、まず、子どもを落ち着かせて安心させることが大切になります。

また、小学生の中でも、より家庭の影響を受けやすい学年であるため、まず家庭内の環境を整え、安心できる居心地のよい場所にしてあげることが重要です。

居心地よくすると、余計に学校に行かなくなるのではないかと心配する人もいますが、家庭での落ち着きを取り戻すと、外に向かうエネルギーが生まれてきます。

中学年(3,4年生)の対応に必要なこと

小学校中学年になると、低学年の時よりも友達関係が重要になってくるため、グループに入れない、仲間外れにされたなどの原因が増えてきます。

友達が原因の場合、無理に仲間にいれてもらおうと友達にお願いをしても、解決にならないことがほとんどです。

明らかないじめなどがなく、なんとなく友達とうまくいかないという程度の場合は、まず、友達に依存しなくても大丈夫になれるよう、自尊心を回復してあげるようにしましょう。

具体的には、学校以外の居場所や友達を見つけるきっかけを与えてあげたり、好きなことや得意なことを増やしてあげたりするように働きかけるとよいでしょう。

高学年(5,6年生)の対応に必要なこと

小学校高学年は、心の成長が早い子どもだと、思春期や反抗期といった中学生と同じような悩みを抱えることがあります。

そのため、子ども扱いされることを極端に嫌がりますが、かと言って、気にかけずに放っておかれると、さらにすねたりいじけたりしてしまう恐れがあるので、対応が難しいことが多いです。

子ども扱いされたくないという気持ちや、子どものやりたいことを尊重しながらも、常に気をかけて見守っているということや、どのような状況でも味方であるといったことをわかりやすく伝えていくようにしましょう。

その上で、中学校に進学した際に困らないために、勉強が遅れないような工夫をしながら子どもの気持ちをゆっくりと聞いてあげるといった、親子の信頼関係を築いていくような対応をすると効果的です。

中学生の不登校への対応

中学生の不登校の原因の特徴と、その対応について見ていきましょう。

中学生の不登校の主な原因と特徴

中学生になると、不登校の原因として、クラスメイトや部活動の人間関係勉強の遅れなど、学校に原因のある場合が多くなります。

思春期や反抗期とも重なると、不登校をしつつ、家庭内でも親に反発したり引きこもってしまったりということが多くなることが特徴です。

また、受験や進路など、将来への漠然とした不安が大きくなってくる時期でもあるため、それらを抱えてイライラしてしまい、学校に行けないといったことも起こってきます。

中学生の不登校対応に必要なこと

中学生の不登校の対応として大切なことは、子どもの自己尊重意識を高め、プライドを傷つけないようにすることです。

干渉し過ぎてもいけませんが、反発するからといって放任しておくのもよくありません。 子どもに無理はさせず、調子が良さそうな時や自分から話しかけてきた時などを見計らい、話を聴いていくという対応をしてあげましょう。

親だけでは対応しきれない場合は、子どもが信頼している第三者に介入してもらい、子どもの気持ちを聞き出してもらうことも効果的です。

また、中学校ではテストや部活動など、他人と比べられる機会が多くなるため、自分自身を卑下してしまい、自尊感情が低くなる子どもが多くなります。

勉強や運動で自信を持つことができればよいのですが、なかなか思い通りの成果が出ないので、学校に行くこと自体がいやになってしまっているということも多いです。

親や先生をはじめとした周囲の大人が、そのような子どもの状態を見極めてあげることが大切だと言えるでしょう。

子どもの自尊感情が低くなっているような兆候が見られる場合は、学校だけが人として評価を受ける場所でないことを伝えた上で、自尊感情を取り戻せるよう、勉強や運動以外で興味が持てるものを見つけるための情報や場所を提案したり、提供してあげたりすると効果的です。

高校生の不登校への対応

高校生の不登校に多い原因と、その対応についてご紹介します。

高校生の不登校の主な原因

小学校や中学校と違い、高校は義務教育ではないので、不登校から中途退学してしまうことも多いため、不登校の全体数としては他の学年よりも少なくなっているのが特徴です。

しかし、義務教育でないにもかかわらず、在学したまま不登校をしている場合は、やはり、子どもの中に学校に行きたい、行くほうが良い、といった気持ちがあるからだと言えるでしょう。

また、抱いていた理想と現実とのギャップ漠然とした将来への不安など、抽象的な原因が不登校を引き起こしているケースが多くなるのも、高校生の不登校の特徴です。

高校生の不登校の対応

小学生や中学生の対応と同様に、まず子どもの意思を尊重し、無理に登校させようとしないことが大切です。

高校生にもなると、もはや子ども扱いしてほしくない、一人前として扱ってほしいといった感情が芽生えてきます。

そのため、親や周囲の大人に対して理詰めで反論してきたり、社会全体に反発するような態度を取ったりすることもあるでしょう。

しかし、いくら口が達者になったとしても、まだまだ子どもの面もあるため、大人と同じように議論したり理解したりすることは難しいのだということを忘れないようにすることが、高校生に対峙する際に大切です。

その上で、子ども自身が、自信や自尊感情を持てるようになるための支援をしていくといった対応をしていきましょう。

例えば、高校生であれば学校に行く以外の選択肢が増えるので、子どもがやりたいことや興味があることの情報を入手し、将来の道を開く手助けをするといった対応も効果的です。

年齢や個性に応じた対応が必要

不登校になる原因だけでなく、不登校の子どもの年齢や個性はさまざまなので、それぞれに合った対応が必要になります。

不登校の原因が明確な場合には、そこにポイントを絞った対応を考えていくことが必要です。

また、同じ原因であっても、子どもの年齢によって対応を変える必要がありますが、いずれの年齢であっても、子どもの気持ちや行動をないがしろにせず、尊重するということが何よりも大切です。

頭ごなしに叱ったり無理に登校させようとしたりせず、子どもの意思を大事にしながら年齢に合わせた対応をしていきましょう。